Top

食 旅 子
by celicci
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
Celio
フレンチ
イタリアン
和食
中華
外食その他
六本木ランチ
洋菓子
和菓子
パン
男の料理
espresso
お家ごはん
旅の計画
Start Mac
日常
旅行:フランス紀行 2003
旅行:山梨紀行 2004
旅行:信州紀行 2005
旅行:北海道紀行 2005
旅行:手筒花火紀行 2005
旅行:南イタリア紀行 2005
旅行:京都紅葉狩り紀行 2005
旅行:信州紀行 2006
旅行:手筒花火紀行 2006
旅行:八重山紀行 2006
旅行:京都ほっこり紀行 2006
旅行:八ヶ岳爽快燃山紀行 2006
旅行:京都紀行 2007
旅行:黒島珊瑚観賞記 2007
旅行:竹富・波照間
旅行:慶良間潜りたおし記 2007
旅行:箱根湯治記 2007
旅行:信州紅葉紀行 2007
旅行:京都奈良紀行 2007
旅行:八ヶ岳年越紀行 2007
旅行:帰省記 2008
旅行:箱根花の湯治記 2008
旅行:鎌倉ウォーキング旅 2008
旅行:京都帰省記 2008
旅行:阿嘉島だらり旅 2008
旅行:宮古島ゆっくり旅 2008
旅行:夏の島巡り 2008
旅行:お子様初阿嘉島 2010
旅行:結婚式便乗沖縄旅行 2011
旅行:遅い夏休みin阿嘉島 2011
旅行:梅雨明けの阿嘉島 2013
子育て
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
more...
最新のトラックバック
『天ざるおざんざ』
from Shin's appetite
CUPIDO (クピド)..
from peace/奥沢・自由が丘の..
思い出のフレンチトースト
from 食卓の風・・・
デュアルリンクHD-SD..
from マック改造ブログ!
牡蠣のオイル漬け→炊き込..
from coruha*のへそ 
勝どき「かねます」で立ち..
from マッシーのグルメ日記
春日 手作りパイ マミー..
from ざっぷやっぷ
Blackmagic D..
from マック改造ブログ!
信州に移住した人生
from http://naganok..
すっかり鰻モード
from stew stew stew..
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:未分類( 136 )
残暑お見舞い申し上げます。
b0032077_20381583.jpg

[PR]
by celicci | 2012-08-09 20:39
WSPEEDI
小佐古敏荘氏の辞意表明で
・福島県の小学校の校庭利用の線量規準が年間20mSvということに対して強く抗議。
すると共に
・WSPEEDI(第2世代SPEEDI)の結果も隠さず公表すべき。
と述べたWSPEEDIの情報を、文部科学省が5/10に公開したそうです。

私は今日こちらで知りました。刺激的なタイトルですが↓↓↓
文科省ようやくWSPEEDI予測値(広域汚染状況)の一部を公表:東京もチェルノブイリ第三区分入りが濃厚に

見ていない方は文部科学省のデータ(3/25)だけでも是非。
ブログテーマとは違いますが、私は早く見たかった情報なのでここに載せます。
[PR]
by celicci | 2011-05-13 20:18
携帯電話が壊れました
7/1木曜の昼に携帯電話が壊れました。(娘がおもちゃを液晶画面にガンッと振り下ろし・・・)
液晶画面を破損して、受信できるけど見えない状態です。
日曜までには復旧するつもりですので、メールは月曜以降にくださいね。
昨日今日いただいたメールも、お手数ですが再送してください。
急ぎの方はお電話くださいませ。
ちなみに私は来週から京都の予定。

この機会に機種変しようかと。
どの機種にするか迷っています。
b0032077_13384957.jpg


※文と写真は関係ありません
[PR]
by celicci | 2010-07-02 13:40
Happy Christmas !
クリスマスの日、うちには毎年サンタがやってきました。
薄暗い部屋でサンタさんと握手して、今年もお利口にしていたねとプレゼントをもらいます。
妹は怖くて直立不動、やんちゃな男の子達もこの時ばかりは大人しく^^

ある年、握手した手が父の手の感触と似ていることに気がついて、
「もしかしたらパパが(本物の)サンタなのかもしれない」としばらく思っていました。
子供の頃のクリスマスの日の夢のようにキラキラした記憶は、今も宝物です。

2階の窓から帰ろうとする酔っぱらいサンタを、大人達が本気で制止していたのも今は納得。笑

b0032077_21471164.jpg
今年は斜塔ケーキを作って、娘にコスプレをさせただけでしたが、来年からはサンタに出張をお願いしないと。

More
[PR]
by celicci | 2009-12-26 22:32
ハーフバースデー
ご無沙汰しております。

もう6ヶ月!
あっという間でした。
b0032077_23221072.jpg

[PR]
by celicci | 2009-12-10 23:33
さんまと茄子ばかりが食卓にのぼる今日この頃。

涼しくなったので秋らしい服を着せました。
私も秋服を買いに行きたいなぁ。
b0032077_20465222.jpg
体重は戻ったの?
b0032077_20471155.jpg
ぎくッ
[PR]
by celicci | 2009-09-02 20:56
詩仙堂
新型インフルの影響で閑散としていた5月の京都。
b0032077_2150164.jpg
詩仙堂が貸し切りなんて!
b0032077_21501119.jpg
b0032077_21504857.jpg
ちょうどこの時期に結婚記念日があったので、予約がとれないことで有名なお料理やさんに、第3希望まで3店電話してみたところ、2日前にもかかわらず3店共席が席が空いていました。(さすがに当日は満席でした)

先程ニュースで、新型インフルが全国的に「流行」の域に達したとのこと。
特に今はワクチンもタミフルも使えない乳児がいるので心底心配です。。。
[PR]
by celicci | 2009-08-21 18:25
残暑お見舞い申し上げます。
2ヶ月が過ぎました。
すくすくと成長しています。
b0032077_805327.jpg


ひゃはっ♪
[PR]
by celicci | 2009-08-18 08:59
住蓮山 安楽寺
かねてより行きたいと思っていた安楽寺がサツキ時期の特別公開最終日と言うことで慌てて行ってきました。
安楽寺は哲学の道の隠れ道?にあるお寺で、法然院、霊鑑寺との並びにあるお寺です。
いつも法然院は入れるものの、安楽寺は公開されていなく、悔しい思いをしていたものでした。

安楽寺は、桜、ツツジ、サツキ、紅葉の時期、7月のカボチャ供養の日にそれぞれ特別公開されるのみ、更に公開される時期も土日だけだったりとなかなか稀少です。このためなかなか公開にありつくことが出来ません。

いつも指を咥えて見ているだけだった山門。今日は開いてます。
これだけでも紅葉が素晴らしいであろうことが想像できますね。
b0032077_051661.jpg
山門の向こうには庭園が広がります。
b0032077_053080.jpg
本堂で住職さんのお寺の由緒の講話を拝聴し、庭園に向かいます。
b0032077_054150.jpg
こちらの庭園も見ていて飽きません。こちらの庭園は割とこじんまりとしていますが、鹿ヶ谷通りから大分入ったところにあるため、車の音は全く聞こえず聞こえるのは鳥の声、風に揺れる木の葉の音だけ。
b0032077_06554.jpg
残念ながらサツキは終わりかけ。でも天気も良く気持ちいい拝観でした。
b0032077_061840.jpg
ここは断然紅葉が良さそうです。春も秋もモミジを楽しみに行きたいですね。
[PR]
by celicci | 2009-06-07 00:15
大原 宝泉院
小雨パラつくある日、額縁庭園を求めて大原に行ってきました。
一番の目的はこちらの宝泉院。三千院や寂光院に隠れて割とひっそりとしたお寺です。
こちらのウリはなんといっても額縁庭園。
そしてマニアックなところでは、京都に6つか7つの血天井。

このお寺は三千院などに比べ訪れる人は少ないですが、なかなかどうしてお庭やちょっとしたお花など、隙のない佇まい。
ご覧のように床の間の一角や窓辺には必ずお花が生けてあります。
b0032077_21521520.jpg
水場にもお花。
b0032077_21522633.jpg
こちらが額縁庭園。落ち着いた植栽に圧倒的な存在感の五葉松が効いています。
宝泉院は拝観料は800円となかなかいいお値段ですが、こちらの額縁庭園を前にお抹茶とお菓子をいただくことが出来ます。
いつまで見ていても飽きなくて、ついつい長居してしまいます。
b0032077_21525081.jpg
こちらの額縁庭園の部屋では血天井を見ることも出来ます。関ヶ原の合戦の前哨戦において伏見城落城の際に自決した鳥居元忠主従数百名の供養のため、床板が天井に使われているそうです。

こちらは囲炉裏の部屋。
自然の山を生かした庭を眺めながら、水音、鳥のさえずりを楽しむことが出来ます。
この右手に小さな雪見窓があるのですが、そこから見える植栽も抜かりなし。
b0032077_2153729.jpg
こちらは鶴亀庭園。
b0032077_2153226.jpg
紅葉の時期にも是非とも行きたい場所です。
[PR]
by celicci | 2009-06-06 23:31