Top

食 旅 子
by celicci
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
Celio
フレンチ
イタリアン
和食
中華
外食その他
六本木ランチ
洋菓子
和菓子
パン
男の料理
espresso
お家ごはん
旅の計画
Start Mac
日常
旅行:フランス紀行 2003
旅行:山梨紀行 2004
旅行:信州紀行 2005
旅行:北海道紀行 2005
旅行:手筒花火紀行 2005
旅行:南イタリア紀行 2005
旅行:京都紅葉狩り紀行 2005
旅行:信州紀行 2006
旅行:手筒花火紀行 2006
旅行:八重山紀行 2006
旅行:京都ほっこり紀行 2006
旅行:八ヶ岳爽快燃山紀行 2006
旅行:京都紀行 2007
旅行:黒島珊瑚観賞記 2007
旅行:竹富・波照間
旅行:慶良間潜りたおし記 2007
旅行:箱根湯治記 2007
旅行:信州紅葉紀行 2007
旅行:京都奈良紀行 2007
旅行:八ヶ岳年越紀行 2007
旅行:帰省記 2008
旅行:箱根花の湯治記 2008
旅行:鎌倉ウォーキング旅 2008
旅行:京都帰省記 2008
旅行:阿嘉島だらり旅 2008
旅行:宮古島ゆっくり旅 2008
旅行:夏の島巡り 2008
旅行:お子様初阿嘉島 2010
旅行:結婚式便乗沖縄旅行 2011
旅行:遅い夏休みin阿嘉島 2011
旅行:梅雨明けの阿嘉島 2013
子育て
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
more...
最新のトラックバック
『天ざるおざんざ』
from Shin's appetite
CUPIDO (クピド)..
from peace/奥沢・自由が丘の..
思い出のフレンチトースト
from 食卓の風・・・
デュアルリンクHD-SD..
from マック改造ブログ!
牡蠣のオイル漬け→炊き込..
from coruha*のへそ 
勝どき「かねます」で立ち..
from マッシーのグルメ日記
春日 手作りパイ マミー..
from ざっぷやっぷ
Blackmagic D..
from マック改造ブログ!
信州に移住した人生
from http://naganok..
すっかり鰻モード
from stew stew stew..
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:旅行:南イタリア紀行 2005( 48 )
パリの街角で宝探し ショコラ編 2005/10/1
折角パリに来たのですからやっぱりショコラも探します。
色々リストアップしていましたが、時間もあまり無かったためもっとも行きやすかったこちら。

Debauve et Gallais (日本語サイトがありました)
30, Rue des Saints-Pères - Paris 7ème
1800年創業の老舗です。
ベルギー王室御用達とのこと。とても可愛らしい店構えです。
b0032077_2340297.jpg
とても美味しいショコラです。半年以上前なので若干記憶が薄れつつありますが・・・
b0032077_23584739.jpg
結構甘さ控えめです。
左下、マロングラッセもとても美味しかったです。どうやらマロングラッセもとても有名なようです。

30個入りで確か30ユーロ。5000円くらいでしょうか。うーん、安い。
新宿伊勢丹のサロン・デュ・ショコラにこちらのお店、来ておりましたが、同じものかはイマイチ確認できませんでしたが12,600円。
是非現地で!
[PR]
by celicci | 2006-04-18 12:34 | 旅行:南イタリア紀行 2005
パリの街角で宝探し パン編 2005/10/1
チーズに続いてパンを探します。
朝ポワラーヌでパンを購入したとは言え、そうそう来れ無いパリ、好きなだけ探しますよ!

パリのパン屋さんでポワラーヌと並んで有名なおなじみ(?)プージョランです。
目印はお店の前のプージョランカー。
前回パリに行った時(2003年3月)も行きたくてしょうがなかったお店でしたが行けず、今回晴れて行くことが出来ました。
ただしその間お店の経営が変わり、隣のパティスリーと同じ経営になっているそう。ただしお店の方針は変わってないとのこと。(こちら(フランス・ツーリズム)に書かれていました。)
b0032077_12352771.jpg

半年前のことでなんと言う名前のパンだったか記憶が・・・(汗)
ただし、左下のは「フィグ・ノア」(イチジク・胡桃)というのは間違いないです。て、そのまんまですが。
どれも素晴らしく美味しかったです。日本に帰ってから食べたのですが、「もっと買えばよかった!」と思うのは毎度のこと(^^;
成長しませんね(笑)
b0032077_1235494.jpg
こちらはバゲット。
こちらも美味しくてあっというまに完食!
食べきってしまうと一抹の寂しさを感じてしまいます。
b0032077_1236938.jpg
フィグ・ノアをCANTINのロックフォールと共に。
最高です。これを楽しむためにパリに行きたいくらいです。
フィグ・ノアは潤沢にイチジクが入っているのに、小麦の香りも素晴らしくて、、、celicciとRobotino、二人でうんうん言いながら食べました(笑)
b0032077_1236286.jpg

[PR]
by celicci | 2006-04-11 12:36 | 旅行:南イタリア紀行 2005
パリの街角で宝探し チーズ編 2005/10/1
ポワラーヌのパンで朝食を済ませた後、宝探しにパリの街に繰り出します。
先ず最初のお宝はチーズ。

今回パリに来て必ず見つけなければならないお宝として、バターというミッションが課せられています。
そしてそのバターはチーズ屋さんで手に入ります。

そう、日本でも有名なマリー・アンヌ・カンタンです。
b0032077_1255441.jpg
Marie Anne Cantin
住所: 12,rue du Champ de Mars7e
電話: 01.45.50.43.94
メトロ エコール・ミリテール Ecole Militaire からちょっと歩いた商店街風な通りからちょっとだけボスケ大通り Avenue Bosquet に向かって歩いたところ。
地図だと大体この辺

まさに宝の山です
[PR]
by celicci | 2006-03-28 12:35 | 旅行:南イタリア紀行 2005
ポワラーヌで感動 2005/10/01
朝食はポワラーヌ Poilane で調達。

写真は、
■ショーソン・オ・ポム(左下)
■タルトレット・オ・ポム(左上)
■サブレ(右の袋入り)
もちろんお土産に、パン・ド・カンパーニュを一個丸々買いましたとも。
b0032077_12484255.jpg
どれも感動的な美味しさ!
あまりこういったパンを食べていないというのもありますが、バターがしっかり効きつつとっても軽く食べられます。なんとも言えず美味。
あー、書いてるとまた食べたくなってくる!堪りません!!

こちらがタルトレット・オ・ポム。
ショーソン・オ・ポムが美味しいという事前情報を仕入れていましたが、驚きはこちらのほうが上でした。
パリに行かれる方がおられましたら是非に!
b0032077_12485599.jpg
そして、サブレです。
こちらもとっても好み。
とてもシンプルなサブレですが、こういうクッキーが大好きなワタクシRobotinoはハマりました!
ちなみにこのサブレ、新宿伊勢丹地下の紅茶屋さん(エディアールじゃないほう)で購入可能です。
ビックリするくらいお高いですが・・・。まあもともと結構高いのですけどね。
興味のある方は頑張って買ってみてください。私は買えませんでした(^^;
[PR]
by celicci | 2006-03-17 12:40 | 旅行:南イタリア紀行 2005
晩御飯 2005/9/30
折角のパリではありますが、晩御飯はホテルの部屋で。

サンジェルマン・デ・プレの交差点側に、モノプリ MONOPRIX (スーパーマーケットです)がありました。
前(2年前)に来たときは無かった気がする。(前からあったそうです。gen3daさん、ありがとうございます!)
そういう性分なのかやっぱりスーパーに来ると心ときめきます(笑)
色々と物色し、晩御飯を調達。

ポワラーヌで仕入れておいた、パン・ド・カンパーニュとレザン。激安エシレとともに。
フランスなのになぜかプロセッコ。
b0032077_23311119.jpg

レッチェで仕入れたサラーメ。これがとろける様なサラミで絶品でした。奥にちょっと見えるのは蟹サラダ。
モノプリで仕入れたフォアグラのテリーヌ。
そしてウォッシュチーズ。
b0032077_23311876.jpg

ちょっと寂しい感じもしますがこんなパリの夜でした。

バター大国
[PR]
by celicci | 2006-02-27 23:32 | 旅行:南イタリア紀行 2005
ラデュレ Ladurée 2005/9/30
パリでとっても楽しみにしていたこちら。
ラデュレです。Ladurée
ピエール・エルメ氏も独立する前はこちらのお店でシェフ・パティシエをしていたそうですね。
サンジェルマンの近く、ボナパルト通りのお店に行きました。
Ladurée Bonaparte
21 rue Bonaparte - 75006 Paris

とりあえず、偵察ということで、サロン・ド・テでお茶することにしました。
たびたびこちら<カメラと一緒にパリでお散歩*>で紹介されているコレ!

マカロン・グラッセ様のご登場です。
これは是非食べてみたかったものの一つ。
ミニマカロン4つと、ローズのアイス。
b0032077_0133862.jpg
ハマります、これ。
このためにパリにも来たくなっちゃうようなお味。次来たときも食べるだろうなぁ。

こちらはナンでしょう?
b0032077_016543.jpg


答えはこちら
[PR]
by celicci | 2006-02-26 00:31 | 旅行:南イタリア紀行 2005
パリのホテル 2005/9/30
パリで泊まるホテルは、ホテル アトランティス Hotel Atlantis Saint-Germain-des-Pres
左岸は6区の中央付近にあるホテルです。
サン・ジェルマン・デ・プレというよりは、サン・シュルピスのすぐ側。
いろいろ調べて買い物(主に食べ物ですが)に都合よさそうな立地だったのでここにしました。

予約はwebサイトから。サイトを開くと parishotels.com に繋がります。そこからフォームで入力すると、あとでホテルから直接メールが届きます。
ホテルからのメールには、「予約確定のため、カード番号を送ってくれ」と書いてありますので、カード番号を知らせます。
ただし、カード番号はメールよりもFAXで送るほうが多少安心でしょう。

ホテルの入り口は非常に小さく、一瞬見逃してしまいそうです。
レセプションは非常に親切で、日本人にも良く慣れていると思います。
チェックアウト後の荷物預かりも快く引き受けていただけます。
フランス旅行関係サイトでもよく紹介されているし、ユーザーレビューも多数あります。
そしてリフト(エレベーター)は非常に小さい。
この小ささは初めて。一坪はありません。多分半坪程度の広さ。
こんなリフトですので当然荷物は人と同時には運べません。チェックイン時には部屋まで荷物を上げてくれますし(私の荷物は強烈に重かったですが上げてくれましたよ)、チェックアウト時には降ろしてくれます。

部屋も広くはありませんが小奇麗だし、ちょっとした可愛らしさがあります。
バスもとても綺麗ですが、洗面台は若干狭いと思います。
b0032077_12394828.jpg


でもここは何よりもロケーションが良いのでそこが一番かと思います。
ブランドストリート(今回は全く行きませんでしたが)も近いし、バス停、メトロもとても近いし、選択肢が多いです。
ラデュレ、カフェ・ドゥ・マゴ、カフェ・ド・フロール、ポワラーヌなどなど。徒歩圏内です。
頑張ればオルセー美術館なんかも徒歩で行けると思います。(そこまで歩ければどこでも徒歩で行けるかもしれませんが 笑)
そして本当にすぐ側にピエール・エルメがあります。(気付いたのは帰りに荷物を取りにホテルに帰ったときでしたが・・・)
[PR]
by celicci | 2006-02-15 12:44 | 旅行:南イタリア紀行 2005
さらばイタリア 2005/9/30
ついにナポリを離れる時がやってきました。
Napoli - Paris 間のAirFrance機に乗ってパリに行きます。

先ずはバスで空港まで行きます。
AliBusかR3(だったと思います)のバスが空港まで運んでくれるみたいです。
AliBusの乗り場は駅にあるマクドナルドの前。チケットは駅前のバスターミナルにあるチケットショップで買えます。
なかなか来なくてヤキモキしましたが、10分遅れぐらいでバスが到着。

空港からナポリ市街を目指す時と違って大分スムーズに空港に到着しました。
空港は結構混んでいました。

時間があったので、二階にある売店を物色。ビスコッティを買ってみましたがいまいちだったなぁ。
セルフサービスの食堂があったので、そこでサラダを食べました。
サラダはまずまずだったかな。ルッコラは美味しかった。それにしても量は多かった。

出国ゲートをくぐっていよいよ出国!というところで思わぬ足止め。
どうやらメーターかなんかの故障でフライトディレイのようです。
搭乗している最中にそのアナウンスがあって、そこで搭乗も一旦中止。
しばらく待つことになりました。

イタリア人ってゆっくりのんびりしているイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、少なくとも空港だと結構せっかちなんですよね。(これがラテン系てこと?)
みんなどんどん並んでくんですよ。
私たちは座って乗れそうになるのをしばらく待ってましたが結構みんな並んでました。
少しでも早く乗りたいのかなぁ。

待ってる間に初めてイタリアから実家に電話してみました。
案外簡単にかかるもんですね。クレジットカードで簡単に掛けることが出来ます。

1時間程度遅れて無事イタリアを後にしました。

Ciao! Italia!


いよいよ(ようやく)次回からParis編です。
[PR]
by celicci | 2006-02-08 12:52 | 旅行:南イタリア紀行 2005
イタリア最後の晩餐 2005/9/29
イタリアでの最後の晩御飯です。
再びナポリに戻ってきましたので、やっぱりダ・ミケーレへ!
b0032077_0195820.jpg
マルゲリータが窯に入ってから出てくるまでを計ったら53秒(計測:Robotino腹時計)でした。
超特急です。

美味しいです。
やっぱりここがナンバー1かな。
[PR]
by celicci | 2006-02-05 00:23 | 旅行:南イタリア紀行 2005
ナポリに戻ってお買い物 2005/9/29
次の日がイタリア滞在最後の日です。飛行機はナポリから飛び立つので、レッチェからナポリにユーロスターで戻り、ナポリの街に再び繰り出します。

最初に降り立ったパリ、あまりに寒くてサンダルしかもって来ていなかったcelicciは戦々恐々としていました(笑)
何か靴を購入することが必須です。

散々迷いに迷って購入したのがこちらの靴。
日本では先ず見たことがないような靴です。Ramilezというショップ(だったと記憶してます スペルは違うかも)でミラノ、フィレンツェ、ナポリにお店があるようでした。
でも実はcelicciは値段に尻込みし(笑)、迷っていたのでワタクシRobotinoが無理やり買わせたのでした(笑)
b0032077_1253305.jpg

このほかにも実はいいブーツがあったのですが、そちらは断念・・・。
帰ってきて思いましたが買えばよかったなぁ。だって日本じゃ見かけないようなブーツだったんですよ。私が履くんじゃないんですけどね(笑)
旅先ではやっぱり思い切らないとダメですね~

後悔先に立たずとはまさにこのこと。

ちなみにこのお店、キアイア通りを抜けたブランド外の一角にあります。確かプラダのはす向かい位だったような。
こじんまりとしたお店ですが、可愛い靴が一杯でした。
[PR]
by celicci | 2006-02-03 23:53 | 旅行:南イタリア紀行 2005