Top

食 旅 子
by celicci
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
Celio
フレンチ
イタリアン
和食
中華
外食その他
六本木ランチ
洋菓子
和菓子
パン
男の料理
espresso
お家ごはん
旅の計画
Start Mac
日常
旅行:フランス紀行 2003
旅行:山梨紀行 2004
旅行:信州紀行 2005
旅行:北海道紀行 2005
旅行:手筒花火紀行 2005
旅行:南イタリア紀行 2005
旅行:京都紅葉狩り紀行 2005
旅行:信州紀行 2006
旅行:手筒花火紀行 2006
旅行:八重山紀行 2006
旅行:京都ほっこり紀行 2006
旅行:八ヶ岳爽快燃山紀行 2006
旅行:京都紀行 2007
旅行:黒島珊瑚観賞記 2007
旅行:竹富・波照間
旅行:慶良間潜りたおし記 2007
旅行:箱根湯治記 2007
旅行:信州紅葉紀行 2007
旅行:京都奈良紀行 2007
旅行:八ヶ岳年越紀行 2007
旅行:帰省記 2008
旅行:箱根花の湯治記 2008
旅行:鎌倉ウォーキング旅 2008
旅行:京都帰省記 2008
旅行:阿嘉島だらり旅 2008
旅行:宮古島ゆっくり旅 2008
旅行:夏の島巡り 2008
旅行:お子様初阿嘉島 2010
旅行:結婚式便乗沖縄旅行 2011
旅行:遅い夏休みin阿嘉島 2011
旅行:梅雨明けの阿嘉島 2013
子育て
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
more...
最新のトラックバック
『天ざるおざんざ』
from Shin's appetite
CUPIDO (クピド)..
from peace/奥沢・自由が丘の..
思い出のフレンチトースト
from 食卓の風・・・
デュアルリンクHD-SD..
from マック改造ブログ!
牡蠣のオイル漬け→炊き込..
from coruha*のへそ 
勝どき「かねます」で立ち..
from マッシーのグルメ日記
春日 手作りパイ マミー..
from ざっぷやっぷ
Blackmagic D..
from マック改造ブログ!
信州に移住した人生
from http://naganok..
すっかり鰻モード
from stew stew stew..
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:旅行:慶良間潜りたおし記 2007( 26 )
タコス
沖縄はタコライスが有名ですが、タコスもかなりメジャーな食べ物のようです。

こちらの普天間近くのメヒコタコスというお店。
ハードシェルが主流のようです。(というか行った二店は両方ともというだけですが)
シェル二つで315円。食事にすると言うよりはタコスはおやつかな。食事だったらタコライスの方がいいかも。セットもあります。
b0032077_122499.jpg

するりと食べちゃって危険な食べ物感もあります。
店舗はこんな感じですが、なかなかどうして、美味しいです。
b0032077_12242625.jpg

メヒコタコス
901-2201 沖縄県宜野湾市新城1-13-9
098-893-2808

もうひとつは
[PR]
by Celicci | 2008-04-08 23:57 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007
古宇利島へ
美ら海水族館に行った後、更に北上し古宇利島に向かいました。<古宇利島の場所はこちらで確認
今帰仁の運天港から目と鼻の先ではあるのですが、行くためには本部半島の付け根まで行って奥武島(おうじま)→屋我地島(やがじじま)→古宇利島と渡っていく必要があります。

何をしに行ったかと言いますと、食べたいものがあったんですね〜。
まずこちらは島蛸刺身。なかなかこんなタコは食べられないというくらいのタコなんです。
b0032077_12294273.jpg

そしてそしてこちらがウニ丼。
沖縄でウニ?と思われるかも知れませんが実は沖縄でもシラヒゲウニというウニが獲れるんです。
そしてミョウバンで固めてないので変な匂いもせず軽〜く平らげることができます。
b0032077_1230043.jpg

お店は実はこんな感じ。
パーラーまるみというお店。古宇利大橋を渡って左に曲がり、1.5kmほど外周道路を走っていくと道端にあります。島の西側にあたります。
b0032077_12315558.jpg


古宇利島をゆく
[PR]
by Celicci | 2008-03-28 00:12 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007
瀬底島のプチホテル フォールームス Four Rooms
次の沖縄が近づいてきていますので在庫一掃セールです(笑)

阿嘉島から本島に戻り向かったのは、またしても島。
といっても本島とは橋でつながり、車で行くことができる島。瀬底島(せそこじま)です。那覇からぐーんと北上し、本部半島の先っぽの方にちょこっとついている島です。<場所はコチラ
こちら、島自体もとってもこぢんまりして静かな島ですが(とはいえ今島に似つかわしくない巨大リゾートホテルが建設中ですが)、その中にこれまたひっそりと静かなプチホテルがあります。

それが今回泊まったフォールームスです。
文字通り一日四組限定の小さな宿です。
また、子供やグループの予約などは受け付けていないので静かな夜が期待できます。
b0032077_23282358.jpg

屋上にはジャグジーがあり、ジャグジーに浸かって水納島の向こうに沈む夕日を眺めることができます。生ビールや、カクテル、ワインなんかを楽しみながらジャグジーを楽しめます。
b0032077_2339158.jpg
また、屋上からはこんな景色を眺めることができます。
こちらは真っ昼間。南の方角を見たところです。本島は恩納のあたりでしょうかね。ちょっと背が高いのが恩納岳かな?
b0032077_23433072.jpg
こちらは西北方面。日の出頃の風景です。
水納島、伊江島が見渡せます。伊江島のタッチューも見えますね。
b0032077_23433647.jpg

チェックイン時にはウェルカムドリンクが頂けます。
b0032077_23341682.jpg
食堂兼くつろぎどころ。
ここから景色を眺めながらの食事も気持ちいいものなんです。
b0032077_23491743.jpg


お部屋とかご飯とか
[PR]
by celicci | 2008-03-26 08:24 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007
美ら海水族館
こちらを見て、この光景がフラッシュバック!
b0032077_23164812.jpg
美ら海水族館から見たタッチュー。
この写真、強烈な日差しでハレーション?を起こした写真のコントラストを変えただけ。
9月初旬、逃れられない暑さ。サングラスをしていても眩しい。
熱中症ダウン寸前でカメラの設定を変える気力無し。
b0032077_23155332.jpg

b0032077_2316495.jpg


あーん
[PR]
by Celicci | 2008-01-31 23:55 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007
首里そば
阿嘉島から那覇に朝の便で戻り、その足で沖縄そばの名店「首里そば」へ。
9月初旬の13時前でしたが、10分も並ばぬうちに席に案内されました。

首里そば(中)¥500とジューシー¥200。
麺は堅くて角がある。
モチっとコシがあるというより、グニっと噛みごたえがある麺。
讃岐うどんとも違い、堅めの蕎麦とも違う、初食感。
これに合わせるのは、鰹の一番だしと豚赤身のすっきりとした透明のスープ。
暑さにバテ気味の体に染みました。

これまで東京沖縄方面で食べた沖縄そばの中で、ダントツで美味しかった!!
それまで慶良間の田舎にいたので、なおさら都会の洗練された味に感動しました。
b0032077_23341827.jpg


More
[PR]
by Celicci | 2008-01-25 23:40 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007
カヤックツアー 亀編
今回の旅の山場!!
ついにウミガメとご対面です!!!
出発前から、亀を見たいとお願いしておいたものの、本当に会えるかは運次第。
会えて良かった♪しかも、こんな間近で。
アオウミガメのビッグママです。
この写真で見るよりも大きく感じました。
b0032077_11173441.jpg

驚かさないように息を潜めて観察。
コバンザメが2匹くっついています。
b0032077_12211100.jpg

そして、上の写真で旦那さんが撮っている動画がこちら。

ウミガメの息継ぎ。
海面から出たウミガメの頭が可愛いです。一瞬なので注意してご覧ください。


海草を食べるウミガメと、背中にいたコバンザメが必死でお腹側に移動しようとしているのが見所。


この日は本当に楽しかった。
最後まで完璧にガイドしてくださった、さのっちさんに感謝!!
次回は4月に座間味にカヤック漕ぎに行きます。
待ち遠しいです。

私たちがお世話になったのは、
「ネイチャーランド カヤックス」ホームページ blog
[PR]
by Celicci | 2007-11-06 21:12 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007
カヤックツアー 陸遊び&昼食編
今回のカヤックツアーの行程は、こんな感じでした。
経験者は1名で、夫以外は全員女性でしたので、それほどハードに漕ぐことはなく、
潮の流れにそってスイスイと気持ちよく進むコースにしてくれたようです。

座間味島の阿真ビーチ
 ↓カヤック
嘉比島(がひじま):嘉比沖をシュノーケリング
 ↓カヤック
安慶名敷島(あげなしくじま):昼食と休憩(我々は小安慶名敷島にカヤックで散歩)
 ↓カヤック
安慶名敷島の裏側:シュノーケリングと陸遊び。
 ↓カヤック
阿真ビーチ

安慶名敷島のビーチには直径2cmの穴が沢山あります。
さのっちさんが「この穴を掘ったら何か居ますよ」と言うので、みんなで何となく掘り始めました。
かなり深く掘って「この穴ははずれじゃない?」と疑い出したところで、突然現れた彼。15cmくらいのツノメガニの雄。
2cmの穴からその程度の大きさの生物を想像していたので、「ぎゃーっ!!」とのけぞってしまいました^^;
こんなに可愛いのにね。(↓photo by さのっちさん)
b0032077_1136592.jpg


More
[PR]
by Celicci | 2007-11-05 21:56 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007
カヤックツアー カヤック&シュノーケリング編
阿嘉島滞在4日目。この時点で、やり残した夢が2つありました。
「カヤック」と「ウミガメ」

海遊びは富里のツアーで充分満足しており、次回に持ち越しても良かったのですが、
出発前の下調べで、私たちに打って付けのツアーを見つけていたのです。

「ネイチャーランド カヤックス」ホームページ blog
 ※出発は座間味島(阿嘉島から村内航路で15分)です。

ガイドのさのっちさんのblogには、ウミガメの写真や、ありえないくらい綺麗な蛍光水色の海でカヤックする楽しそうな人々の写真が。
しかも、かなりの確率でウミガメに会えている様子。
正直申しますと、行く前は「補正上手いな〜!この水色は嘘でしょ〜?!」と思っていました。
ごめんなさい、嘘じゃなかった。

**************************************
上から3枚の綺麗な写真は、「ネイチャーランド カヤックス」のガイドの
さのっちさんが撮ってくれたのものです。
ツアー中に撮ってくれた写真は、帰りにCDに焼いてプレゼントしてもらえました。
構図も色も素晴らしく、とても良い思い出になりました♪
**************************************

お昼休憩中、カヤックで小安慶名敷島に遊びに行って、安慶名敷島(あげなしくじま)に戻ってくる私たち。
一緒に行ったメンバーは前日もカヤックを漕いだそうで、疲れて岩場で寝てますね。
素晴らしく壮大で良い写真ではないですか!
b0032077_1174918.jpg
海の中で不自由な私たちは、とてもこんな構図の写真は撮ることが出来ません。
b0032077_11125215.jpg
この写真を見たら沖縄にはまった気持ちを理解してもらえる気がする。
b0032077_13112681.jpg

この魔法のような輪は何でしょう?
b0032077_11341312.jpg


マハリクマハリタ
[PR]
by Celicci | 2007-11-03 23:37 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007
富里のドリフトシュノーケリング
「あっち」
b0032077_14322854.jpg
カズさんの指示を受けた常連ベテランの女の子が先に海に入って、潮の流れを教えてくれます。
ニシの浜の沖の方、あまりに綺麗で任務中の女の子を激写しました。
潮の流れにそってシュノーケリングする私たちを、カズさんが船で先回りして拾ってくれるやり方です。

ニシ浜の後は、阿嘉島の南の無人島、奥武島(おうじま)へ。
この辺りは波が高く、阿嘉島のおばあは、奥武島に立つ白波を見て台風の接近を予想するそう。
水位が胸丈くらいのところに船を止めて、頭におにぎりやビーチパラソルを背負って上陸します。
b0032077_14202624.jpg
私たちが島で昼食と休憩をとる間、カズさんは向かいの岩場で今夜の宴会のつまみを釣っています。
この日の収穫はイカでした。
b0032077_14203914.jpg
無人島の岩場に登ったメンバーを撮っていたら上空を飛行機が通りました。
久米島に行く軍用機かな?
b0032077_14205773.jpg
午後からはダイナミックな絶壁の地形で泳ぎます。
途中何度も魚の群れに遭遇し、この時、初めてウミウチワを見ました。
b0032077_14211265.jpg

帰り道、ウミガメポイントはハズレ。
「5分待ってて」と素潜りで潜っていったカズさん。1潜りでタカセ貝5個の収穫。
これも今晩の肴。
b0032077_14212295.jpg

とにかく泳ぎたい♪と言っていた私たち。
朝から晩まで、性根尽き果てるまで泳がせてもらえて大満足。
しかしながら、あまりの疲労で8時台に寝てしまうという失態。
この日は新鮮な酒の肴にありつけず仕舞いでした。
カズさん、スパルタ〜。笑
[PR]
by Celicci | 2007-10-31 22:27 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007
阿嘉島の宿 ゲストハウスすまいる
阿嘉島で富里ともに泊まりたい宿の一つだったのがこちら。
b0032077_2355155.jpg
2006年オープンで阿嘉島の中でも新しい宿です。
沖縄離島ドットコムでも大人気で現在非常に予約の取りにくい宿となっているようです。
こちらの宿も人気の理由が分かるとてもいい宿でした。

食事等ソフト面から。
お食事はいわゆる家庭料理です。質、量ともに十分です。ゆし豆腐が美味しかった〜!
ご飯は美味しいし、晩御飯の後には女将さんがサーターアンダギーを揚げてくれます。これがまた美味しいんです。
デザートに飢えてたcelicciさんは泣いて喜んでました(笑)
※富里では女将さんが帰省してたため粉もの、甘いものが無かったんです。
また、コーヒーも無料で飲み放題でした。
ゆんたくみたいなのは特に無かったと思います。
b0032077_23551285.jpg


オーナー夫婦、ヘルパーさん皆働き者でやさしかったです。色々相談にものってくれます。
ビーチへの送迎も頼むと特に時間に関わらず行ってくれました。多分手が空いてる場合ならいつでも大丈夫かと思います。
あと、すまいるでは後原(くしばる)ビーチへの送迎もしてくれるそうです。今回は残念ながら時間が合わずにいけませんでした。
※後原へは富里でも潮の状態により送迎してもらえます。

施設面などなど
[PR]
by celicci | 2007-10-29 23:08 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007