Top

食 旅 子
by celicci
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
Celio
フレンチ
イタリアン
和食
中華
外食その他
六本木ランチ
洋菓子
和菓子
パン
男の料理
espresso
お家ごはん
旅の計画
Start Mac
日常
旅行:フランス紀行 2003
旅行:山梨紀行 2004
旅行:信州紀行 2005
旅行:北海道紀行 2005
旅行:手筒花火紀行 2005
旅行:南イタリア紀行 2005
旅行:京都紅葉狩り紀行 2005
旅行:信州紀行 2006
旅行:手筒花火紀行 2006
旅行:八重山紀行 2006
旅行:京都ほっこり紀行 2006
旅行:八ヶ岳爽快燃山紀行 2006
旅行:京都紀行 2007
旅行:黒島珊瑚観賞記 2007
旅行:竹富・波照間
旅行:慶良間潜りたおし記 2007
旅行:箱根湯治記 2007
旅行:信州紅葉紀行 2007
旅行:京都奈良紀行 2007
旅行:八ヶ岳年越紀行 2007
旅行:帰省記 2008
旅行:箱根花の湯治記 2008
旅行:鎌倉ウォーキング旅 2008
旅行:京都帰省記 2008
旅行:阿嘉島だらり旅 2008
旅行:宮古島ゆっくり旅 2008
旅行:夏の島巡り 2008
旅行:お子様初阿嘉島 2010
旅行:結婚式便乗沖縄旅行 2011
旅行:遅い夏休みin阿嘉島 2011
旅行:梅雨明けの阿嘉島 2013
子育て
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
more...
最新のトラックバック
『天ざるおざんざ』
from Shin's appetite
CUPIDO (クピド)..
from peace/奥沢・自由が丘の..
思い出のフレンチトースト
from 食卓の風・・・
デュアルリンクHD-SD..
from マック改造ブログ!
牡蠣のオイル漬け→炊き込..
from coruha*のへそ 
勝どき「かねます」で立ち..
from マッシーのグルメ日記
春日 手作りパイ マミー..
from ざっぷやっぷ
Blackmagic D..
from マック改造ブログ!
信州に移住した人生
from http://naganok..
すっかり鰻モード
from stew stew stew..
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:espresso( 12 )
泡立て近況
今年の夏以降、久々に真面目にエスプレッソに取り組んでます。(まあそんなに肩肘張って言う程のもんでもないですが)

ミルクの泡立てもそうなんですが、今は特にエスプレッソ自身の味を考えながらいれてます。
ドリップでもそうですが、エスプレッソで特に大事なのがグラインド(豆挽き)。その日の豆の状態(種類や焙煎からの日数など)、気候、エスプレッソマシンの状態などの要因で、同じ挽き方(細かさ)でも驚くほど変わってきます。
そんなことを考慮しつつ毎日淹れてます。(毎日成功してるわけじゃないです。ラテにしてもエスプレッソの入り具合がいまいちだとある程度誤魔化せますが美味しくはないですね 笑)

こんな感じで取り組んでるからか、以前よりも大分ミルクのスチーミングはアベレージが上がってきました。
b0032077_0321654.jpg

今のところの理想としては、↑の右側の感じ。
リーフ(ロゼッタ)はヘナヘナでいまいちですが、トロットロに仕上がってツヤツヤしてますよね。
こういう仕上がりになると、ミルクも甘いし、泡の保ちも良いし、口当たりも良いんです。
いつもこんな仕上がりを目指して頑張ってます。
b0032077_0322365.jpg
美味しく淹れられると幸せです(笑)
[PR]
by celicci | 2007-12-16 00:20 | espresso
ホリグチのコーヒー
もうかれこれ5・6年は飲み続けている珈琲工房ホリグチのコーヒー。
とても香り豊かで、飲むと気分豊かになります。 
ホリグチのコーヒーは基本ドリップで頂きます。
b0032077_0423615.jpg
写真は新調したサーバーと。
コーノのサーバーに新調しました。新調してからというもの、ドリップをかなり楽しんでます。

我が家では、
ホリグチ
さかもとこーひー
マキネスティ
がヘビーローテーションです。たまに別なお店を使ったりするのですが、結局戻ってしまいます。
マキネスティはエスプレッソを淹れるときに使用します。

これらのお店、どのお店もとても真摯にコーヒーと向き合っているところが共通しています。
さかもとこーひーさんも業界(コーヒー好き界?)ではとても有名ですね。ホリグチさんもさかもとさんもコーヒー好きになると一度は通る道ではないでしょうか。
そしてエスプレッソ好きとなるとマキネスティを一度は試すのではないのでしょうか。
堀口さんは研究家としてもとても有名で著書も沢山あります。
さかもとこーひーさんについては以前丁子色のchakoさんが取り上げていらっしゃいます。
[PR]
by celicci | 2006-04-26 00:45 | espresso
手入れ不足でマキネスティへ 2005/10/23
豆を挽くためのグラインダーが壊れてしまったため(壊したとも言う)、修理してもらうのとついでに豆が欲しかったので、東麻布マキネスティへ行ってきました。

Macchinesti Coffee
マキネスティ 赤羽橋店
大江戸線赤羽橋駅
東京都港区東麻布 2-29-8
tel:03-3589-5602
Caffe: 月-土: 11AM - 9PM
日, 祭日: 11AM - 7PM
※麻布十番(日進ワールドデリカテッセンの近く)にも店舗があります。
b0032077_013288.jpg


とにかくラテが絶品。砂糖無しで飲めてしまいます。綺麗なリーフは腕の証。
でも今日はちょっと甘みが足りなかったかな?
b0032077_04085.jpg


マキネスティのバリスタの手にかかれば、マキャートでも!
小さいデミタスカップにハートが描かれます。
b0032077_04878.jpg




グラインダーは本当は、代車ならぬ代グラインダーを借りる手はずがたまたま直してくれる人の手が空いたそうで、その場で直してくれました。
そのおかげで、日頃の手入れ不足が発覚してしまいました(^^;
すいません、これからはちゃんとお手入れします。
[PR]
by celicci | 2005-10-24 00:09 | espresso
成功ロゼッタ
久しぶりにポストできるようなロゼッタを描けました!
b0032077_23122138.jpg

[PR]
by celicci | 2005-04-23 23:13 | espresso
マキネスティ 新店舗
エスプレッソ用の豆がきれたので、マキネスティへ。

最近麻布十番駅の近くに二号店がオープンしたそうなのでそちらへ行くことにしました。
まだソフトオープンで、グランドオープンは3月末だそうです。

マキネスティ 麻布十番店
東京都港区東麻布 2-23-12
tel:03-5562-6118
月-土: 07AM - 10PM
日, 祭日: 07AM - 10PM

今日は単なるリーフでなく、ハートも描いてくれました。
b0032077_22543274.jpg
相変わらず素晴らしい技術です。
ミルクの甘みだけで一杯砂糖無しで飲めてしまいます。
[PR]
by celicci | 2005-03-06 22:51 | espresso
夜のカフェ・ラテ
Robotino(夫)です。

夜にカフェ・ラテってのもちょっと変な気がしますが(私だけ?)、
今日は非常にうまい事いきました。
完全に均一な泡立ちではないものの、ロゼッタはお店っぽい(?)
ややコントラストが弱い部分もありますが、その辺は思い切りが足りないからという原因もあるように思います。

b0032077_2333426.jpg

まぐれです。

デザートには、
今日バルセロナのお土産にいただいたチョコレート。ありがとうございます。
こんなにいいものをいただいちゃいました!
b0032077_23331450.jpg

おいしかったです。ヨーロッパのチョコレートは日本のものと味が違うような気がするのですが、なぜなんでしょう。
この辺はcelicciに解説してもらいましょう。
この濃さには、エスプレッソの方が合うかも。


※エスプレッソ発祥の地 イタリアでは夜にはカフェ・ラテやカプチーノのようなミルク系のカフェメニューは飲まれないようです。何でもお腹にたまるからだとか。確かに朝にしか飲んでる人を見なかったような気がします。
晩御飯の後には、エスプレッソをクイッといきます。
[PR]
by celicci | 2004-12-13 23:42 | espresso
平日のラテアート
朝忙しくてもラテアート。
奇跡的にロゼッタっぽい絵柄になりました。
コントラストがイマイチなのは、クレマがだいぶ消えてしまってからミルクを注いだから。
デバイスタイルのマシンでは二杯分の泡立ては一気には出来ません。
b0032077_017536.jpg

但しスチーミングは大きな泡がありダメですね。
つぶせるようにならないと。デバイスタイルでは一度大きな泡になってしまうとつぶすのが難しいような気がします。
つぶす前に大きな泡を作らないことが重要なのかも。

推測です。
[PR]
by celicci | 2004-12-10 08:30 | espresso
今日のラテアート
今日はスチーミングが結構うまくいきました。
まだまだ大きな泡があったりしますが、ここ最近の中では一番トロトロのミルクになった気がします。
あとで余ったミルクだけ飲んでみましたが、甘く仕上がってました。

ピッチャーワークはまだまだ。

豆はいつもの通り Vivace Vitaブレンド
ミルクは 成城石井牛乳(低温殺菌)

カップは illy collection 2003 Shizuka Yokomizo
b0032077_0362610.jpg

[PR]
by celicci | 2004-12-06 00:36 | espresso
マキネスティ エスプレッソ教室 2004/11/12
東麻布 マキネスティ にて開催されたエスプレッソ教室に行ってきました。
受講料は無料。

今回のテーマは、
「ミルクのスチーミングとラテアート」でした。

ラテアートとは、スチーミングしたミルクでカフェラテの表面に描く模様のことです。
ラテアートには大きく分けて、
・ハート
・ロゼッタ
があります。ロゼッタは他にリーフとも言われますね。

今回の教室では、
デバイスタイルの家庭用マシン(TH010) での教室でした。
今回はこのマシンの能力を確かめるという目的もありました。(後日このマシンを購入しました)

教室の良かった点は、細かいニュアンスをハンズオンで教えてもらえるという点ですね。実際にマキネスティのバリスタさんがすぐ横について教えてくださいました。
手順としては、

1)まず、スチームノズルを水面近くに入れ、スチームを開放して空気を巻き込む
2)ある程度空気を巻き込み泡を作ったら、スチームノズルをピッチャーの奥に沈め全体が掻き混ざるようにする。

といった感じです。文章では多分わかんないでしょうね(笑)
カプチーノを作る訳ではないので、空気を巻き込む量はほどほどで良いでしょう。

下の写真は、マキネスティのバリスタさんが作ってくれたラテアートです。見事なロゼッタ!
家庭用マシンでここまでできます!
※ホワイトバランスがおかしくて色が変なのはご勘弁ください。
b0032077_027409.jpg

他に良かった点は、Vivaceの高価な豆(Vitaブレンド 100g 750円(200g以上買った場合))を好きなだけ使えたことと、
以前から気になっていた、TOBIRAタンパー、エルゴタンパーを使えたことですね。

練習あるのみ!
[PR]
by celicci | 2004-11-27 00:31 | espresso
今日のラテアート
b0032077_2355193.jpg二週間ほど前にエスプレッソマシンを新調して始めた、ラテアートトレーニング。
目指せマキネスティ

最近は大体一日一回はやるようにしています。
ようやくミルクスチーミングのポイントが当初より安定してきました。
火曜の朝に作ったのがこれまでで一番良好なスチーミングだったのですが、今日のもまずまず。
まだ大き目の泡がつぶせていませんが、全体的には良くできました。
ロゼッタはまだまだ左右非対称ですし、何よりもヒダのでき方にミルクを注ぐときの思い切りが感じられない(笑)
今日はショットがうまくいったのでクレマとミルクのコントラストはいいですね。

豆は Vivace Vitaブレンド。ダブルショットです。

※ショット (shot):抽出したエスプレッソのことを「ショット」と呼びます。
※クレマ (crema):抽出したエスプレッソの表面にできる微小な泡。うまく抽出できたときにできやすいです。但しクレマが無ければおいしいエスプレッソで無いということではありません。あくまで目安として。
[PR]
by celicci | 2004-11-27 00:09 | espresso