Top

食 旅 子
by celicci
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
Celio
フレンチ
イタリアン
和食
中華
外食その他
六本木ランチ
洋菓子
和菓子
パン
男の料理
espresso
お家ごはん
旅の計画
Start Mac
日常
旅行:フランス紀行 2003
旅行:山梨紀行 2004
旅行:信州紀行 2005
旅行:北海道紀行 2005
旅行:手筒花火紀行 2005
旅行:南イタリア紀行 2005
旅行:京都紅葉狩り紀行 2005
旅行:信州紀行 2006
旅行:手筒花火紀行 2006
旅行:八重山紀行 2006
旅行:京都ほっこり紀行 2006
旅行:八ヶ岳爽快燃山紀行 2006
旅行:京都紀行 2007
旅行:黒島珊瑚観賞記 2007
旅行:竹富・波照間
旅行:慶良間潜りたおし記 2007
旅行:箱根湯治記 2007
旅行:信州紅葉紀行 2007
旅行:京都奈良紀行 2007
旅行:八ヶ岳年越紀行 2007
旅行:帰省記 2008
旅行:箱根花の湯治記 2008
旅行:鎌倉ウォーキング旅 2008
旅行:京都帰省記 2008
旅行:阿嘉島だらり旅 2008
旅行:宮古島ゆっくり旅 2008
旅行:夏の島巡り 2008
旅行:お子様初阿嘉島 2010
旅行:結婚式便乗沖縄旅行 2011
旅行:遅い夏休みin阿嘉島 2011
旅行:梅雨明けの阿嘉島 2013
子育て
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
more...
最新のトラックバック
『天ざるおざんざ』
from Shin's appetite
CUPIDO (クピド)..
from peace/奥沢・自由が丘の..
思い出のフレンチトースト
from 食卓の風・・・
デュアルリンクHD-SD..
from マック改造ブログ!
牡蠣のオイル漬け→炊き込..
from coruha*のへそ 
勝どき「かねます」で立ち..
from マッシーのグルメ日記
春日 手作りパイ マミー..
from ざっぷやっぷ
Blackmagic D..
from マック改造ブログ!
信州に移住した人生
from http://naganok..
すっかり鰻モード
from stew stew stew..
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ホテル ( 14 ) タグの人気記事
富里の夜は長い
今回の旅では前回の旅でグッと私たちの心を掴んだ宿、富里(トゥーラトゥ)に再び宿を取りました。
富里の名物といえばそう、前回私が撃沈したゆんたくです。

今回はゆんたく皆勤しました。(エライ!)
四泊のうち一日はどうも富里の裏にあるバー、ヨナミネハウスの方に行ってたみたいで参加できなかったんですが、富里でやってたゆんたくには皆勤しました。

富里のゆんたくといえば次のようなことで有名です。
・美味しいおつまみ
・泡盛飲み放題
・耐久ゆんたく

今回は皆勤したことでその全てを体験することができました(笑)

まずはどどーんと一発目、カツオのマース煮です。
b0032077_15382434.jpg
多分夕食で出たカツオのアラですね。こちらをマース煮でいただきます。
なんといっても汁が最高です。汁をすすりながら頂くと泡盛がいくらでもいただけます。
写真は撮り損ねましたがこのとき一緒にクブシミ(コブシメともいう。甲イカの
一種)のバター炒めも出てきてこちらも旨い!

時は流れて夜半過ぎ。
ゆんたくの話の中で誰かが「グルクンが食べたい」みたいな話になりました。
カズさんも「やるか」みたいな感じになり、虎の子のグルクン四尾が生簀から取ってこられました。
この四尾はこの日カズさんと釣りに行った常連さんたちの釣果の全てなのでした(笑)

グルクンを捌くカズさん。このときおよそ午前三時半。
b0032077_15383369.jpg


四尾のグルクンの中に白子持ちのグルクンが!
運良く先着二名に当たり試食!!
カズさん:「参ったか、参ってないかの一言で言ってみ」
b0032077_15384072.jpg
Robo:「参った!!」
うーん、なんともまったりと濃厚で美味しい・・。

そしてグルクンは刺身に。
b0032077_15384967.jpg

もちろんあっという間に完食。なんといってもこのときまだ10人以上いたからなあ。
グルクンは鯖のようにあしが早く、あまり刺身では食べられないんですね。だからこういう食事は島ならではですね。


宴会の締めとしてソーミンチャンプルー登場。
b0032077_1538563.jpg

このとき四時半。
これももちろんみんなで突っつきあっという間に完食。

結局まだまだ宴会は続き、途中脱落した常連さんを起こしに行ったりしながら(笑)宴会は朝まで続きました。
[PR]
by celicci | 2008-06-22 22:07 | 旅行:阿嘉島だらり旅 2008
瀬底島のプチホテル フォールームス Four Rooms
次の沖縄が近づいてきていますので在庫一掃セールです(笑)

阿嘉島から本島に戻り向かったのは、またしても島。
といっても本島とは橋でつながり、車で行くことができる島。瀬底島(せそこじま)です。那覇からぐーんと北上し、本部半島の先っぽの方にちょこっとついている島です。<場所はコチラ
こちら、島自体もとってもこぢんまりして静かな島ですが(とはいえ今島に似つかわしくない巨大リゾートホテルが建設中ですが)、その中にこれまたひっそりと静かなプチホテルがあります。

それが今回泊まったフォールームスです。
文字通り一日四組限定の小さな宿です。
また、子供やグループの予約などは受け付けていないので静かな夜が期待できます。
b0032077_23282358.jpg

屋上にはジャグジーがあり、ジャグジーに浸かって水納島の向こうに沈む夕日を眺めることができます。生ビールや、カクテル、ワインなんかを楽しみながらジャグジーを楽しめます。
b0032077_2339158.jpg
また、屋上からはこんな景色を眺めることができます。
こちらは真っ昼間。南の方角を見たところです。本島は恩納のあたりでしょうかね。ちょっと背が高いのが恩納岳かな?
b0032077_23433072.jpg
こちらは西北方面。日の出頃の風景です。
水納島、伊江島が見渡せます。伊江島のタッチューも見えますね。
b0032077_23433647.jpg

チェックイン時にはウェルカムドリンクが頂けます。
b0032077_23341682.jpg
食堂兼くつろぎどころ。
ここから景色を眺めながらの食事も気持ちいいものなんです。
b0032077_23491743.jpg


お部屋とかご飯とか
[PR]
by celicci | 2008-03-26 08:24 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007
阿嘉島の宿 ゲストハウスすまいる
阿嘉島で富里ともに泊まりたい宿の一つだったのがこちら。
b0032077_2355155.jpg
2006年オープンで阿嘉島の中でも新しい宿です。
沖縄離島ドットコムでも大人気で現在非常に予約の取りにくい宿となっているようです。
こちらの宿も人気の理由が分かるとてもいい宿でした。

食事等ソフト面から。
お食事はいわゆる家庭料理です。質、量ともに十分です。ゆし豆腐が美味しかった〜!
ご飯は美味しいし、晩御飯の後には女将さんがサーターアンダギーを揚げてくれます。これがまた美味しいんです。
デザートに飢えてたcelicciさんは泣いて喜んでました(笑)
※富里では女将さんが帰省してたため粉もの、甘いものが無かったんです。
また、コーヒーも無料で飲み放題でした。
ゆんたくみたいなのは特に無かったと思います。
b0032077_23551285.jpg


オーナー夫婦、ヘルパーさん皆働き者でやさしかったです。色々相談にものってくれます。
ビーチへの送迎も頼むと特に時間に関わらず行ってくれました。多分手が空いてる場合ならいつでも大丈夫かと思います。
あと、すまいるでは後原(くしばる)ビーチへの送迎もしてくれるそうです。今回は残念ながら時間が合わずにいけませんでした。
※後原へは富里でも潮の状態により送迎してもらえます。

施設面などなど
[PR]
by celicci | 2007-10-29 23:08 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007
阿嘉島の宿 富里(トゥーラトゥ) 〜食事編
富里のオーナー、カズさんは海人です。
富里では、毎日カズさんが獲ってきた魚や貝が食事に出されます。

タマン(ハマフエフキ)?ムルー(アミフエフキ)?のホイル焼き。
b0032077_0194086.jpg
高級魚シロダイとタカセ貝のお刺身
b0032077_0195137.jpg
塩釜焼きなんてのも出てくるんです!
b0032077_020134.jpg
そしてそしてそして!
夕食後、21時半くらいからゆんたく(飲み会)が始まります。
ゆんたくでは泡盛 残波、カズさんからおつまみが振る舞われました。
ほんの一例ですが、こちらはシイラのグリル。こんなものをつまみに飲めるんですね〜!
b0032077_0121962.jpg
さらにこの日はこの他に、マグロの内臓の塩漬け(!)、島らっきょなどがおつまみとして振る舞われました。
また、採ってきたばかりのシークァーサーもとにかくジューシーで・・・。
シークァーサーを搾って泡盛注いで、少しのお水で割って、、
写真がこれしかないのは興奮してグビグビいってたから(笑)
感動感激でついつい深酒、、そして撃沈しました(笑)

次の日はもうゲロゲロで(笑)、死人のようになっていたんですが、カズさんをはじめ、ヘルパーさんもずっと気を遣って下さって。。
水が足りてるか聞いてくれたり、胃薬くれたり。

本当に良いお宿でした!

リクエストにお応えして
[PR]
by celicci | 2007-09-30 13:14 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007
阿嘉島の宿 富里(トゥーラトゥ) 〜施設編
阿嘉島には五泊しました。宿も二ヶ所泊まることにしました。
まずご紹介するのはこちら。

富里(「とみざと」と書いて「トゥーラトゥ」と読みます)
沖縄県島尻郡座間味村阿嘉140番地
098-987-2117
WEBサイト

阿嘉集落の一番西の方にあります。
民宿です。
美味しい料理、行き届いた掃除、あたたかい心配り、頼れる男、とにかく素晴らしい宿でした!

三階(屋上)にはデッキ(東屋)があり、こんな風に前浜(メーヌハマ)を一望!
まったりしたりビール飲むのが最高に気持ちいいんです。前浜、こんなに綺麗なのにほとんどいつも誰も泳いでません。
b0032077_23353792.jpg

サクバル、奥武島の方(南西の方)を見てもこの眺望!
b0032077_23354983.jpg


ヘルパーさんもとても働き者で、とにかくよく皆さん掃除されてました。ですので、部屋も共用部分(食堂、デッキ等)もどこもピカピカ。とても気持ちよく過ごせました。

そして頼れるオーナー、カズさんは海人で獲った魚が食事に供されます。お楽しみの食事は食事編で!

その他宿の情報(事務的なので見ても面白くないよ)
[PR]
by celicci | 2007-09-24 12:57 | 旅行:慶良間潜りたおし記 2007
竹富島の宿
昨年は石垣から日帰りだった竹富島。
日帰りでは見れなかった、水のあるコンドイビーチや西桟橋からの夕日、日帰り客の帰った後の素顔の竹富島を見るために、今回は2泊することに。
今回のお宿はこちらで拝見したさぷな家さん。
この日の宿泊は私たちだけ。おかげで思う存分のんびり出来ました。
満室でないのは、半年ぶりですと仰っていた。
b0032077_2341882.jpg
小さくて深いプール付き
b0032077_23305158.jpg
シンプルで無駄の無いお部屋。掃除が行き届いて綺麗。
b0032077_23523524.jpg
そして、こちらのお宿の魅力の一つ、朝食の豪華フルーツ盛り。
どれも食べごろで美味しい!
翌日のフルーツ盛りは違う種類で10種類でした。すごーい。
b0032077_23525310.jpg
毎朝こんな環境でこんな朝食が食べたいよ〜。
b0032077_23531145.jpg
ヴィラは海外のリゾートのようだけど、外から見ると竹富島になじんでいて、そういう所も気に入りました。
b0032077_23532939.jpg

[PR]
by celicci | 2007-06-09 23:47 | 旅行:竹富・波照間
黒島スポット
黒島でもっとも有名な?アヤシゲスポット、民宿イリムティヤ。
b0032077_119135.jpg
一見すると廃墟のようです。
入り口にはボロい自転車が散乱し、倒壊した建物が。
奥の建物も何か雑然と色々なものが。。

でも立派に看板も出てるし、営業はしているみたいです。
そして、新品の自転車が二台!

興味のある方は是非泊まってみてください。ハマる人はハマるようです。
私はムリです(笑)

ちなみにこの界隈には、
食事処 パームツリー
民宿 仲田荘
黒島マリンビレッジ
黒島ビジターセンター
があります。
イリムティヤはパームツリーのほぼ隣。
[PR]
by celicci | 2007-05-06 16:05 | 旅行:黒島珊瑚観賞記 2007
黒島マリンビレッジ
黒島にて私たちが泊まったのがこちら、
「黒島唯一のリゾートホテル」という触れ込みの黒島マリンビレッジです。
事実ここ以外の宿泊施設は全て民宿です。
b0032077_231163.jpg

広い敷地にログハウスとコテージが点在しています。
民宿では味わえないプライベート空間を有しています。
他の民宿と同じようにレンタサイクルも有ります(宿泊者1日500円)。宿泊者以外も借りれるようです。ただし、これも他の民宿とそう大差ないかもしれませんがボロいです。

あまり期待して無かったのですが、食事は意外にイケました。ビールもちゃんと(?)大きな中ジョッキでオリオンビールが美味かったー!
この日のアクティビティが多分に影響してますが、生涯でも最高レベルの美味しいビールでした。
レストランは結構クーラーが強めでした。
こういうホテルですのでゆんたくはありませんでした。
もう一つ補足情報、前はやっていたようですが、レストランはお昼は開いていないようです。もしかしたらハイシーズンはやってるかも知れません。

ただ、如何せん施設は古く、老朽化は否めません。
私たちはコテージに泊まりましたが、ヤモリは居ます。でも二部屋あり広いです。
ユニットバスはそれほど快適では有りませんでしたが、他の民宿に泊まったことが無いのでそれと比べてどうかは分かりません。民宿の場合風呂・トイレは共同が多いかと思います。
普通に使えるレベルではあると思います。去年石垣で泊まったヴィラ・ヤマバレが良すぎただけだと思います。

b0032077_23111430.jpgフロント棟前にあった懐かしのポスト。
現役だそうです。

[PR]
by celicci | 2007-05-04 22:48 | 旅行:黒島珊瑚観賞記 2007
ハピラパナ お部屋編
リゾートに泊まってみよう!ということで、ちゅらさんの舞台、小浜島にあるこちらのリゾートホテルに泊まることにしました。

ヴィラ・ハピラパナというリゾートホテルです。
こちらのホテルは、リゾートチェーンのホテルで、ラグーンスイートヴィラ・アラマンダと同じ敷地内にあります。

フロントで受付をすませるとウェルカムドリンクとしてパッションフルーツジュースが出されました。

各部屋は敷地内に散在するマンション風のコテージにあります。敷地もなかなか広く、ゴルフカートで移動したりします。ゴルフコースも備えています。プレーしてる人はあまりいなかったけど・・・
部屋数はかなり多いと思いますが、コテージが散在しているからなのか敷地や部屋にゆとりがあるからなのかとっても静かです。

アジアンな内装の部屋はかなりゆとりがあります。ベッド以外にもくつろげるスペースが付いています。
また、ハピラは蝶を意味するそうで、モチーフになっています。バルコニーのサンダルにはそのモチーフが刻まれていました。
灰皿にもモチーフが刻まれているそうですが、未確認。
b0032077_01459100.jpg
窓辺のスペースで寝転びながら本読んだり、音楽聞いたりと贅沢感が味わえます。
b0032077_0151118.jpg
洗面所、お風呂もかなり広く確かにリゾート。
バルコニーには寝転がることが出来る縁台があります。マットレスものってました。

その他
[PR]
by celicci | 2006-11-01 23:18 | 旅行:八重山紀行 2006
ヴィラ ヤマバレ 夕食編
本日のメニュー☆
音楽はボッサでした。うん、ここはボサノヴァが合う。
b0032077_2245328.jpg
島豆腐のカプレーゼ
上に乗っているハーブは長命草。独特の香りがあります。
なじみのないハーブですが、石垣では長命草入り黒糖なんか売ってました。
b0032077_225265.jpg
ゴーヤのキッシュ。パイもさくさく。
ゴーヤと卵の相性は言わずもがな。
前日、近くの「トミーのパン」というパン屋さんで、ゴーヤパンを買ってみたら。ゴーヤと共にうぐいす豆が入ってました。ゴーヤとうぐいす豆の相性も抜群という発見をしたのでした。
あれももう一度食べたいな〜
b0032077_2251048.jpg
島かぼちゃのスープ
b0032077_2251919.jpg
パパイヤのサラダ
大根みたいな食感。向こうでは刺身のつまもパパイヤって本当ですか。
b0032077_2252727.jpg
県産チキンのソテー
盛りつけがかわいくて、ほぇ〜と感心。真似させてもらおうっと。
沖縄鶏ってあまり聞いたことがありませんが、柔らかくてジューシーでした。
b0032077_225356.jpg
シークァーサーシャーベットで爽やかに締め。お手製で美味しい。
b0032077_2262079.jpg
地のものを使ったシンプルで丁寧なお料理。
次回からは、一日くらい外に石垣牛を食べにいって、他の日は夕食もこちらでゆったりいただこうと心に決めたのでした。
[PR]
by celicci | 2006-09-16 22:44 | 旅行:八重山紀行 2006