Top

食 旅 子
by celicci
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
Celio
フレンチ
イタリアン
和食
中華
外食その他
六本木ランチ
洋菓子
和菓子
パン
男の料理
espresso
お家ごはん
旅の計画
Start Mac
日常
旅行:フランス紀行 2003
旅行:山梨紀行 2004
旅行:信州紀行 2005
旅行:北海道紀行 2005
旅行:手筒花火紀行 2005
旅行:南イタリア紀行 2005
旅行:京都紅葉狩り紀行 2005
旅行:信州紀行 2006
旅行:手筒花火紀行 2006
旅行:八重山紀行 2006
旅行:京都ほっこり紀行 2006
旅行:八ヶ岳爽快燃山紀行 2006
旅行:京都紀行 2007
旅行:黒島珊瑚観賞記 2007
旅行:竹富・波照間
旅行:慶良間潜りたおし記 2007
旅行:箱根湯治記 2007
旅行:信州紅葉紀行 2007
旅行:京都奈良紀行 2007
旅行:八ヶ岳年越紀行 2007
旅行:帰省記 2008
旅行:箱根花の湯治記 2008
旅行:鎌倉ウォーキング旅 2008
旅行:京都帰省記 2008
旅行:阿嘉島だらり旅 2008
旅行:宮古島ゆっくり旅 2008
旅行:夏の島巡り 2008
旅行:お子様初阿嘉島 2010
旅行:結婚式便乗沖縄旅行 2011
旅行:遅い夏休みin阿嘉島 2011
旅行:梅雨明けの阿嘉島 2013
子育て
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
more...
最新のトラックバック
『天ざるおざんざ』
from Shin's appetite
CUPIDO (クピド)..
from peace/奥沢・自由が丘の..
思い出のフレンチトースト
from 食卓の風・・・
デュアルリンクHD-SD..
from マック改造ブログ!
牡蠣のオイル漬け→炊き込..
from coruha*のへそ 
勝どき「かねます」で立ち..
from マッシーのグルメ日記
春日 手作りパイ マミー..
from ざっぷやっぷ
Blackmagic D..
from マック改造ブログ!
信州に移住した人生
from http://naganok..
すっかり鰻モード
from stew stew stew..
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:Mac ( 19 ) タグの人気記事
第二弾モニター当選者発表!
AppleよりStart Mac体験モニター当選者が発表されました。
当選された方々、どうもおめでとうございます。

なんと我らがmrs.samantha師匠もご当選です!
応募総数14,347通の中より、厳正なる審査を経て選出させていただきました。

と書かれている通り、今回は前回よりもかなりの難関だったことが容易に想像出来ます。今回だったら私は当選しなかっただろうな。
しかしこれだけ応募があったと言うことで、前回のモニターはそれなりに衆目の注目を集めたと言うことになりますか。

今回はTechnorati内にStart Mac Squareが設置されたり、ブログパーツが用意されたりと、第一弾の我々の要望(不平不満?)からAppleもその心を汲み取って頂けたようで、予めコミュニティが用意されています。
なんせ第一弾のときはモニターの自主的なコミュニティ設置(Trackback People、はてなRSS、モニター交流ブログ)で、モニター同士の交流と言うのを当初Appleはあまり考えていないようでしたから。

当選者のみなさん、楽しんでくださいね!


Start Mac Squareのお役立ちリンクに私の書いた記事をいくつかのせて頂いてますね!
果たして私の記事が役に立つのか?(^^;
[PR]
by celicci | 2007-05-11 01:06 | Start Mac
StartMacモニター修了式に行ってきました
StartMac体験モニターの終了式にいってきました。
終了式には家族、知人、友人の同伴OKでしたので、会場には100人以上はいたと思います。
私はひとりで行きましたけど。
b0032077_23374859.jpg
ケータリングはDEAN&DELUCA。
DEAN&DELUCAを使ってくるあたり気が利いてる気がします。
しかし100人いますから、、一瞬で食べつくしました(笑)
飲み物もロゼ・スパークリングワイン、赤ワイン、白ワインなど結構色々有りました。
途中で無くなってしまったようで、ビールが追加されてました。

また、有志の方のiMovie作品の上映会が有ったりしました。
皆さん色々おつくりで楽しめました。私も何か作ればよかったなぁ(口ばっかですが)。

我々のことは今後第一期モニターと呼ばれるようです。
モニター期間中、あまり他の方々のBlogなどにお邪魔する機会も無かったのですが(怠惰すぎて)、どうぞ皆さん今後ともよろしくお願い致します。
これからもMacの良い面悪い面含めてモニターしていきたいと思っています。
どちらだったか、「勝手に座談会」なんてお話も出ていて、アップルの思惑はともかく、新しいコミュニティの創設としても面白い今回のモニターだったと思います。

b0032077_23375438.jpg
アップルからはAppleTVのデモが有りました。
SONYの液晶テレビにつなげられていました。
基本的に出来ることは今iMacでやってることと大差ないかな、と言う印象。確かにCoverFlowに無いエフェクトだったりしますが、音楽聞くときは別にジャケ写をずっと観たい訳でもないからな〜。
意外に大きくてビックリ。Mac miniとは重ならないな・・・。しかも放熱がスゴイ。
まだ買い時じゃないな。
最初AppleTVが置かれていたときはどうなることかと思いましたが、食指は動きませんでした。
個人的にはAppleTVのデモ中だったか歓談中だったかは忘れましたが、ライブラリを回している最中にキリンジとオリジナルラブが出たときに「おっ!」と思いました(笑)
[PR]
by celicci | 2007-04-12 23:19 | Start Mac
StartMacモニターが終わった
長いようで短かったモニターの期間が終了しました。
私も無事任務(業務)を完了しまして、先日アップルより「業務完了のお知らせ」なるメールをいただきました。
後は終了式を残すのみです。

正直こんな内容でよかったのかとも思わなくも無いですが、アップル自身も「何でも良い」とおっしゃっていたので気にしないことにします。
でも、まだ実は書きたくても書けてないことも有りますので、まだしばらくはたまに勝手にStartMacモニターの記事をアップすることと思います。
皆様よろしくお付き合いくださいませ。

・iPhotoをTVで見るときのこと
・.Macを使ったMac間でのデータ共有
・iPhotoフォトブックレビュー

ちょっと思うだけでも既に3件も上がりますから。まだまだ考えるとあるでしょうね。
上の3件に関しては特にモニター期間中に書こうと思っていた内容であり、私(Robotino)が怠惰なだけで日の目を見なかったテーマなんです(^^;
ですので、出来るだけ近日公開!を目指します。

今回のモニターは本当に貴重な体験でした。
今回私の拙い狭い使い方から感じたのは、Macってリビングにすごく向いてるんじゃないの?ということです。
これは私がテレビをそんなに見るわけじゃないってのも影響してるとは思うのですが。
iTunesからオーディオシステムを通して音楽を聴くのはMacBookを導入してからしてましたが(WindowsのiTunesでもAirMac(Express含む)があれば出来ますし、AirMac以外でもそういったアンプへの出力を行ってくれるルータ(DLNA対応製品など)があるかと思います。)、iPhotoでスライドショーをTVで出力したりiMovieで作った映像をTVで出力したり。

ああFrontRowってこのために有るのかな〜、て思ったり。
実際はiMacの方のモニタがプライマリモニタなので(TVの方はTV観たりしますしね)FrontRowはiMacのモニタの方で立ち上がっちゃってTVの方では見れないんですけどね(笑)
勿論リビングで常用するには足りない部分も有ります。それに関してはiPhotoスライドショー上映編(?)でも触れたいと思います。
AppleTVてここを狙ったのかな、とも思いました。

正直家で使うPCですし、別段すごい負荷のかかる作業をする訳でもないですからWindowsPCだろうが(一括りにして良いかは別にして)、Macだろうが目的のことが出来ればどっちでも良いと今でも思ってはいます。
でも上記したような使い方は、音楽は別にしてWindowsPCを使っているとき(半年前までそうでした)はしようとも思いませんでした。不思議です。
実際WindowsPCだって同じようなこと出来るのに。

これからはもっともっとムービーとかもやってみたいと思ってます。

一番いいことはやっぱり見目麗しく、インテリアの邪魔をしないことですけどね!
[PR]
by celicci | 2007-04-05 22:20 | Start Mac
Wired Mouse v.s. Wireless Mouse
b0032077_0162572.jpg今回のモニター機iMacにはWiredなマウス、Apple Mighty Mouseがついていました。
我が家にはMacBook用に既にWireless Mighty Mouseがありますので、その二つを使い比べてみました。

まずは取り回し。

これは当然ワイヤレスが上回りますね。どこにも繋ぐ必要がありませんから。
但し、ワイヤレスの場合にはBluetoothで接続しますので、まず「ペアリング」という作業が必要です。
Bluetoothではこのペアリングをすることにより、1対1で機械同士を認識しています。
これにより、iMacに登録すればiMacだけで、MacBookに登録すればMacBookだけでマウスが動作します。

あと、取り回しに関してはデスクトップとノートでも意見が分かれるかもしれません。

デスクトップで使用する際には、Appleのマシンの場合、キーボードのUSBポートにマウスのケーブルをさすことになりますのであまりケーブルの煩わしさを感じないかもしれません。

でもノートの場合、MacBookは特にUSBポートが左側にしかないのですね〜。

で、Mighty Mouseのケーブルって結構短いんですよね。だから全然長さが足りない。Webブラウズくらいだったら良いかもしれないけど、PhotoshopやIllustratorを使ってるとイライラしてくるかも知れません。

次にマウスの重さ。

Wirelessのほうは中に電池を抱えるので重いです。一方Wiredのほうはとっても軽いです。軽快なマウス操作が可能。
Wiredは普通からしたら重いんですが、私は仕事でもワイヤレスマウスなので(Logitech製)全く気になりません。むしろそれと比べちゃうと軽いです。これは個人差が大きいでしょうね。

次にトラッキング精度です。
やっぱり追随性はWirelessですかね。レーザートラッキングが効いているのでしょう。
Wiredのようにたまにポインタがぶっ飛んだりすることがありません。(これはマウスパッドとかのマウス環境にも依存してると思いますけど)

最後に値段を比較しましょう。

Wiredは5,670円、Wirelessは8,600円。
高すぎ(る気がする)。買うのに躊躇する価格ですね。
これが耐久性があればいいのですが、まだ自分では体験してませんが結構スクロールボールが上手く動かなくなってしまうことがあるようですね。若干不安。

特に結論と言うことも無いのですが、結論出しても意味ないし(^^; 主観で。
紐はあるより無いほうが良い!
といってもマウスを使うのに紐が邪魔になってるとかでは実は無いのです。なんか紐があるだけで取り回しが悪い気がするんです。会社でもずっとワイヤレスを使ってるからかな。家でWinを使ってた頃もワイヤレスを使ってた時期がありましたし。
ほんとはキーボードもワイヤレスが欲しい。
FPSゲーム(Macにあったっけ?)とかやる人にはやっぱりWirelessであることでの速度的な不安や不満があるでしょうから、何に使うのか、ですよね。使ってこその道具ですし。

でも結局は
[PR]
by celicci | 2007-03-30 00:21 | Start Mac
StartMacモニター第二弾募集開始!
私も参加させていただいている「StartMac 体験モニター」ですが、
次のモニター募集が開始されました!
→ 「Start Mac体験モニター」募集

今回は前回の反省を生かしたのか(?)、前よりも大分具体的に、ちゃんとまとめられた募集要項が書かれている気がします。
募集条件
・ふだんWindows PCを使用している方。(現在、Macを使用していない方)
・ご自分のブログを持ち、アクティブに活動しており、期間中に10回以上関連記事を投稿していただける方。
・アップルが指定するブログパーツをご自身の所有するブログに掲載いただける方。(お使いのブログサービスがブログパーツに対応していない場合は、この限りでは有りません。)
・掲載記事のPingをアップルが指定するサイトに送信いただける方。
・Macの体験談をアップルのWebサイト、ダイレクトメール等に掲載することに同意いただける方。
・東京都内またはその他の地域にて、アップルが指定する「Start Mac体験モニター」活動に参加できる方。
・アップルとの業務委託契約に同意いただける方。

という条件がしっかり書かれています。
なお、こちらのモニター、抽選ではなく選考になっていると思います。私が参加しているモニターの座談会でもアップルの方が応募者の「ブログ、Webサイトを確認して先行した」とおっしゃってました。今回も多分同じでしょう。
そして今回は
Start Mac体験モニター業務を完遂後、アップルの承認を経て機材はモニターの方に譲渡されます。

と明記されています。前回はこれは書いてなくて「貸与します」とだけ書いてあり、最初のオリエンテーションのサプライズとして我々に発表しました。
更に、今回の最大の目玉は「Macを使ってない方」というところでしょう。MacってWindowsユーザには全然中身を知られてないですから、素直に驚きをポストしてくれそうなWindowsユーザをターゲットにした、というのは深読みでしょうか(^^;
それとも前回、我々のようなMacユーザの意見はあまり参考にならなかったのでしょうか(^^; というよりも、マーケティングとしてあまり美味しくなかったのかな。
Windowsユーザのモニターへの反響と、Macユーザのモニターへの反響に違いがあったのかもしれませんね。
ともあれ、何を書いても大丈夫なのでそんなに気張らずにモニター出来ることと思います。

そしてモニター機としてのMacですが、
しゅん爺さんのポストに面白いことが書かれていました。
さらに、第1弾の募集ページでは、iMacとMacBookの写真が表示されており、実際モニター機も、このどちらかでしたが、今回の募集ページには、MacBook Pro、Mac mini、Mac Proを加えた全Macが表示されています。
ということは、全機種モニターするということかも?

そろそろ次期OS(Leopard)も出ますから、それを搭載したマシンがモニター機になるのは間違いないですね。
そしてMac miniもそろそろモデルチェンジするでしょうからモニター機になるかもしれませんね。
もしかしたらAppleTVもモニター対象だったりして。その場合はスタイル(と金額)的にMac mini + AppleTVかな(すいません、妄想です)。
私的にはMac miniが一番うらやましいかな。リビングPCとしての記事を書いてもらえそう。
でも実際に全機種モニター対象だったらやっぱりMacBookProかMacProか(笑)
皆さん、応募は4月15日締め切りですよ!

前回は実にひっそりと募集されていました(と感じました)が、今回もそのスタイルは変わりません。しかし前回と違うのは今回は既にモニターがいて、モニターの皆さんがこの件に関してポストされています。前回はこの件に関して触れていたのって、所謂Macブログがメインで、その読者も恐らくMacユーザがメインでしたでしょう。そいう言う意味では前回よりも広い範囲に向けた情報の散布になっていることと思います。
これはこれでモニターを使用したマーケティング活動(PR活動か)と言えるかもしれませんね。
[PR]
by celicci | 2007-03-30 00:10 | Start Mac
ProCareスタジオクラス Aperture入門 を受講
b0032077_23371848.jpgAppleStoreのProCareスタジオクラスを受講してきました。
Aperture入門のクラスを。(ホントはiPhotoのクラスが受けたかったのですがiPhotoは大人気のようで)
Apertureがどんなソフトかは前述のリンク先を詳しく見ていただくとしましょう。

さて、スタジオクラスです。
銀座のAppleStoreではスタジオクラスは5階で開催されます。5階まではエレベーターでは行けないので、4階まで行って脇の階段で行きます。
Apertureということもあってか、クラスの受講者は私を含め3名でした。でも最大でも部屋の大きさから10名前後の少人数でしょうね。
人数が少ないですから、質問等もしっかりとすることが出来ますね。あまりしませんでしたけど。。
私が受けたクラスは入門なので、起動から写真の取り込み、画面の説明など先ず基本的なことを事細かに説明してくれます。
また、良いか悪いかはともかく講師の方自身のオススメの使い方も教えてくれて参考になります。(今回はとてもよかったと感じました)


ここからはApertureについて。
これまでiPhotoで写真を管理していて、嫌いなところが有りつつも「iPhotoでいいかな」と思っていたのですが、俄然Apertureが欲しくなりました(^^;
そしてRAW撮りも。基本的にものぐさなのでJPEG取りしてたのですが、Apertureでのワークフローを見てるとRAW撮りしたくなりました。JPEGと同じ感覚でサクサクと作業出来ました。機材はMacBookProでしたので、iMacであれば十分でしょう。

Apertureで良いなと感じたのは「スタック」と「ルーペ」でしょうか。2時間のクラスなのでそんなに深いところまで見れていないのですが、習った中でもこの二つは特に私の写真の撮り方に当てはめたときに便利だろうなと思いました。
スタックのほうは、同じアングルやタイミングで撮った写真を一まとめにグルーピングできる機能です。iPhotoで言うところの「アルバム」の中に更に写真の分類を出来るという感じでしょうか。また、こちら撮影したタイムスタンプで自動的にスタックに出来る機能も付いており(取込み時にも行なえます)なかなか使えそう。
ルーペはそのまま、拡大して写真を確認できる機能ですが、ルーペを置いたまま写真を切り替えて写真ごとのピントやアングルなどを見比べたり出来ます。
あとプロ用ツールと言うこともあり、ショートカットキーがとても充実しています(講師の方も全ては把握できていないとおっしゃってました)。これもいい所。

ApertureとAdobe Lightroom、どちらが良いだろう。。
その前に資金か・・・。


StartMac体験モニターさん大集合ブログさんや、
mpk::RSSs Start Mac体験モニターさん、
トラックバック・ピープルWe Start Macさんで他のモニターさんの記事をご覧になれます。

余談ですが、
[PR]
by celicci | 2007-03-26 23:32 | Start Mac
Webページの見え具合を比べてみる
「Macは画面が綺麗」と良く聞きます。と言うよりもうちの父が初めてMacでWebページを見たときに出た言葉がこれでした。
実際にMacのブラウザでWebページの見た目を比べてみました。

画像で見ていただくと違いが良く分かるかと思います。
b0032077_22544759.jpg
Macのブラウザ(上二つ)では、文字にスムージングがかかっています。これはアンチエイリアスといって輪郭のジャギーを目立たなくする処理です。

Macでは標準設定でこのアンチエイリアスがかかるようになっています。この例ではブラウザを取り上げていますが、ブラウザだけではなく殆どのウィンドウでこのアンチエイリアスの処理がかかるようになっています。

Windowsとの見た目を比べていただくと良く分かると思います。Windowsでは文字の表現は基本的にビットマップフォントが使用されていて、このアンチエイリアスを行なわず表示されるようになっています。ビットマップフォント自体は小さなディスプレイでの視認性向上や描画速度を確保(アンチエイリアスはそれなりの処理を必要とするため負荷がかかります)するために生まれたという生い立ちを持ちます。
ビットマップフォントが見やすい場合もありますね。

ブラウザに限っての話になりますが、FirefoxとSafariにも違いがあることにお気づきでしょうか。
b0032077_22545482.jpg
これはWebページの描画エンジンの違いに起因するものですが、SafariはWebKit、FirefoxはGeckoという描画エンジンを使用しています。表示は大分WebKitの方が滑らかに見えますね。
上の写真のボタンを見ると分かりますが、フォームオブジェクトの描画も大分違いますよね。
※私はWebKitのJavascriptサポートがイマイチなため、Firefoxを使っていますけどね・・・。

アンチエイリアス処理をした文字は確かに見た目綺麗なのですが、小さな文字がつぶれて見にくいという弱点が有ります。
その為、環境設定でアンチエイリアスをかける下限のフォントサイズを設定することが出来ます。これはWebブラウザに限った設定ではなく、「システム環境設定」で設定する項目です。
b0032077_22594540.jpg
WindowsでもVistaでは標準フォントが「メイリオ」となり、アンチエイリアス処理をかけた文字で画面を表示できるようになりました。
※WindowsXPでも上記メイリオフォントをインストールし、「ClearType」の設定(「画面のプロパティ」→「デザイン」→「効果」の「次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする」)を行なうと同じようなアンチエイリアスを使った表示が出来ます。「メイリオ」自体があまり綺麗なフォントとは思えませんが・・・。


StartMac体験モニターさん大集合ブログさんや、
mpk::RSSs Start Mac体験モニターさん、
トラックバック・ピープルWe Start Macさんで他のモニターさんの記事をご覧になれます。
[PR]
by celicci | 2007-03-25 23:01 | Start Mac
iPhotoのフォトブックに代わるサービスを検討する
iPhotoのフォトブックをあきらめた私は、別のサービスを探しました。

一つは前回のポストでも取り上げたPhotoback
CDジャケットサイズの写真集ソフトカバー付きの冊子が出来上がります。
これはページ数も固定、レイアウトもほぼ固定(各ページに画像一枚ずつ)です。
編集はFlashで作られたインターフェースで行うため、Mac/Win問わずFlashPlayerがインストールされたブラウザがあれば作成可能です。

次にMyBook
こちらはいろいろなメニューがあり、様々な形態のものが作れます。ソフトカバーからハードカバーまで、7cm角のものから26cm角(A4よりちょっと高さがなく、幅は広い)まで、945円から19,425円(!)まで。
b0032077_09222.jpg

編集は専用ソフト、またはPhotoshopのプラグインで行います。ただし編集ソフトはWindows版のみ用意されています。そのためかどうか分かりませんがPhotoshopプラグイン版はPhotoshop Elementsにも対応しています。
以前はPhotoshopプラグイン版は無くて、Windows用の編集ソフトのみでした。
上の画像を見て頂けると分かりますが、この扱いからしてやっぱりメインは専用編集ソフトの方なのかな?
レイアウト自体はPhotoshopの方が大分やりやすそうな気がするんだけど・・・。
こちらは作ったことはありませんが、なかなかの品質と聞きます。一応作る候補としてはこれが一番手で考えています。

後はストックフォトで(一部の人にのみ)超有名なアマナVisual Book Pro
これは完全にPhotoshopで制作することを前提にしたサービスですね。
お値段はPhotoback、MyBookに比べるとちょっとだけ高い。
あまり作った人の話を聞かないので、品質に関してはちょっと分からない部分ですね。ただ、安くはないサービスなので悪いものは出来ないのではないかと推測します。

果たしてこれらはiPhotoのフォトブックと比べてどうなんでしょう。
iPhotoはとにかく簡単で安い(「安く」て「簡単」というより「簡単」で「安い」気がする。簡単なのはPhotobackもそうだけどiPhotoの場合ローカルで作業するのでアップロードも必要ないし)、がウリ。用途次第ではiPhotoのクオリティで十分と言うことも多いでしょうね。

関係ないですが、MyBookのこのページがiChatの画面にそっくりで笑えます。まあ最近よくある「Web2.0風」な画なんですが。


StartMac体験モニターさん大集合ブログさんや、
mpk::RSSs Start Mac体験モニターさん、
トラックバック・ピープルWe Start Macさんで他のモニターさんの記事をご覧になれます。
[PR]
by celicci | 2007-03-11 12:35 | Start Mac
iPhotoのフォトブックを作ってみようとした
iPhotoで(毎度毎度iPhotoですいません)フォトブックを作ってみることにしました。
昨年従姉妹の結婚式にて大量に撮った写真。写真自体はDVDに焼いて渡してありますが、折角ですから写真集にして贈ろうと思うのです。

iPhotoのライブラリの写真を選択して、ウィンドウの下部にある「ブック」アイコンをクリックすると自動的に、「○○のブック」と言う風に、プレイリストのような形でフォトブックのスマートフォルダ(?)のようなものが出来ます。
b0032077_23191081.jpg
後はこのブックの中での作業になります。
ウィンドウ左側のメニュー(? ライブラリなどが表示されるところ)の今作ったフォトブックを選択して、ページに写真を埋めていきます。
b0032077_23201247.jpg
作り方自体はとっても簡単、上にサムネールで表示されている写真を下のページプレビューのグレーの部分にドラッグ&ドロップするだけです。ページに入れた写真は上のリストからはなくなり、重複はしない(出来ない)ようになっています。
また、「オートフロー」と呼ばれる自動作成機能もあり、ページレイアウトに合わせ自動的にフォトブックを作成してくれます。

が、訳あってフォトブックの作成は中断しています。
今回は結婚式の写真集と言うこともあり、自分なりに頭の中で構成が出来上がっていたのです。それをもとにして使う写真を選んだ訳ですが、今度はその写真、構成に合わせるフォトブックのテンプレートが無かったのです。

もちろんフォトブックのテンプレートは一つではなく、またテンプレートの中でも各ページのレイアウトはある程度選ぶことが出来ます。ページレイアウトは「そのページに載せる写真の枚数」で選ぶことになります。そのテンプレートでその枚数ではレイアウトは固定です。今回はここがネックになったためあきらめました。

しかしながら機能自体はとても良く出来ていて、作成も簡単、注文も簡単(iTunes Storeのアカウントが既にあればなお簡単)です。
ホント誰でも出来る、と言う感じ。
肝心の印刷品質に関してですが、Appleで行われたモニターの座談会のときにAppleに見せてもらった限りでは、ホームユースでは十分かな、と言う感じ。でも微妙な線でしたね。ちょっと私はもの足りませんでした。
以前作ったことがある、Photobackの方が良かったかも、とそのときは感じました。隣で見比べた訳ではないので何とも言えませんけど。
フォトブックも八重山写真の方で注文してみるつもりです。

結婚式の写真集については別のサービスを使用して作ろうと思っています。


StartMac体験モニターさん大集合ブログさんや、
mpk::RSSs Start Mac体験モニターさん、
トラックバック・ピープルWe Start Macさんで他のモニターさんの記事をご覧になれます。
[PR]
by celicci | 2007-03-09 00:47 | Start Mac
知らなかった .Mac
先日しゅん爺さんのブログの記事についていた羊パパさんのコメントで初めて知ったのですが、
.Macのサービスを使用していると、GarageBandで使えるループの追加がダウンロード出来るんですね!
Jam Packsの音源の一部みたいですね。トライアルのようなものでしょうか。

ちなみに.Macとは上記リンク先にも書いてある通り、
・自分のWebサイトを公開出来たり、
・ネットストレージだったり、
・複数のMacでデータ共有するためのターミナルだったり、
・マシンのバックアップが出来たり、
・mac.comのメールアドレスが取得出来る
サービスです。これ以外にも多分なんかあると思います。
年間9,800円のサービスですが、今回の体験モニターではこのアカウントも提供されています。
私的に気になっているのは、
○複数のMacでデータ共有
○ネットストレージ
と言ったところでしょうか。
すいません、すっかり試してみるの忘れてました。

話を戻しますと、Garage Bandの話。
GarageBandはこないだちょっと触ってみたけど、確かに簡単。
ループ音源を(マルチトラックで)組み合わせて簡単に曲が出来ちゃいますよ、と言うソフト。
楽譜が読めたり、楽器が出来たりする必要は特にありません。出来た方がより楽しいんだろうとは思うけど。
でもプリインストール済みのループでは好みのが偏っちゃってて中々決まらないんだよな〜、と思っていたところでした。

b0032077_0163682.jpg

iDisk(ネットストレージ)の「Members Only」フォルダに「GarageBand JamPacks」があります。
このフォルダ内には4つのディスクイメージが入っていました。Jam Packsの4種類それぞれからのサンプルのようですね。
b0032077_0164728.jpg
合計350MBほどあります。

StartMac体験モニターさん大集合ブログさんや、
mpk::RSSs Start Mac体験モニターさん、
トラックバック・ピープルWe Start Macさんで他のモニターさんの記事をご覧になれます。
[PR]
by celicci | 2007-02-08 00:46 | Start Mac