Top
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
Celio
フレンチ
イタリアン
和食
中華
外食その他
六本木ランチ
洋菓子
和菓子
パン
男の料理
espresso
お家ごはん
旅の計画
Start Mac
日常
旅行:フランス紀行 2003
旅行:山梨紀行 2004
旅行:信州紀行 2005
旅行:北海道紀行 2005
旅行:手筒花火紀行 2005
旅行:南イタリア紀行 2005
旅行:京都紅葉狩り紀行 2005
旅行:信州紀行 2006
旅行:手筒花火紀行 2006
旅行:八重山紀行 2006
旅行:京都ほっこり紀行 2006
旅行:八ヶ岳爽快燃山紀行 2006
旅行:京都紀行 2007
旅行:黒島珊瑚観賞記 2007
旅行:竹富・波照間
旅行:慶良間潜りたおし記 2007
旅行:箱根湯治記 2007
旅行:信州紅葉紀行 2007
旅行:京都奈良紀行 2007
旅行:八ヶ岳年越紀行 2007
旅行:帰省記 2008
旅行:箱根花の湯治記 2008
旅行:鎌倉ウォーキング旅 2008
旅行:京都帰省記 2008
旅行:阿嘉島だらり旅 2008
旅行:宮古島ゆっくり旅 2008
旅行:夏の島巡り 2008
旅行:お子様初阿嘉島 2010
旅行:結婚式便乗沖縄旅行 2011
旅行:遅い夏休みin阿嘉島 2011
旅行:梅雨明けの阿嘉島 2013
子育て
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
more...
最新のトラックバック
『天ざるおざんざ』
from Shin's appetite
CUPIDO (クピド)..
from peace/奥沢・自由が丘の..
思い出のフレンチトースト
from 食卓の風・・・
デュアルリンクHD-SD..
from マック改造ブログ!
牡蠣のオイル漬け→炊き込..
from coruha*のへそ 
勝どき「かねます」で立ち..
from マッシーのグルメ日記
春日 手作りパイ マミー..
from ざっぷやっぷ
Blackmagic D..
from マック改造ブログ!
信州に移住した人生
from http://naganok..
すっかり鰻モード
from stew stew stew..
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:旅行:フランス紀行 2003( 37 )
ヴィラ・コルマ@アヴィニョン Villa Colmas
アヴィニョンではこちらのヴィラに宿泊しました。
いわゆる Bed&Breakfast という形式で、豪邸の一部屋を貸してもらうというものです。
ローシーズンではありましたが、なんと一泊 75ユーロ/部屋(朝食付き)!

Villa Colmas
21, boulevard Jacques Monod
84000 Avignon
Phone : +33 (0)432 740 031
Fax : +33 (0)490 271 878
支払いは現金のみ(Credit card payment not available)

予約はメールで。Webのフォームからまず申し込み、あとはメールでやり取りしました。
あらかじめ使用する列車を伝えてあったので、アヴィニョンTGV駅にタクシーを手配してくれました。
タクシーで15分ほど、現地に着くと完全に民家の門でしたが、門を入るととても広大な敷地にフレンドリーなご主人が出迎えてくれました。
ご主人は英語OKでした。むしろ私たちが英語がいまいちで申し訳なかったです。
b0032077_12545992.jpg


ウェルカムドリンクに、赤ワインのハーフボトル(銘柄は忘れました シャトー・ヌフ・デュ・パープだったかも?)、エヴィアンが用意されてました。
中はこざっぱりとしており、部屋にはテレビはありません。共用スペースに、ビデオやTVゲームを楽しむことの出来るテレビがありました。また、冷蔵庫も無かったので夏はちょっと困るかもしれませんね。
私たちが泊まった部屋のお風呂は、バスタブ付でしたが、バスタブの無い部屋もあるようです。宿泊客が少なかったので良い部屋を使わせてくれたのかもしれません。
ドライヤーもついていましたが、パワーがあんまり無かったです(笑)
b0032077_1302120.jpg


アヴィニョンの町までは歩いて大体10分くらい。途中にはあんまり商店もなく寂しい感じです。夜はちょっと怖いかも。

ランチやディナーも食べられるそうですが、私たちは食べませんでした。
朝食は1階でコンチネンタル風の朝食を食べることが出来ます。
コーンフレークや、自分でゆでるゆで卵なんかがあります。紅茶もティバッグですが、何種類かありました。
バゲット一本と、クロワッサンが出てくるので、それを食べるのが良いでしょう。バゲットはパリで買うことの出来るバゲットに比べれば劣りますが、美味しいものでした。自分でナイフで切って食べます。クロワッサンがずっしり重いリッチなものでとても良かったです。
b0032077_1375385.jpg

最終日の朝食(電車の関係上朝6時くらいにお願いしてたんですが)に出てきたパウンドケーキ(多分奥さんの手作りだと思います)がとても美味しかったです。フィナンシェのようにずっしり重く、噛むと蜂蜜やバターが染み出てきそうな感じでした。

長々と書いたことから分かるように(笑)、とても良いところでした。
次にアヴィニョンに行くときも泊まりたいと思っているほどです。当然ホテルのようなサービスではありませんが、静かで家族的でとても良かったです。
残念ながら、主に私たちの語学力が原因であまり感謝の気持ちを伝えることが出来なかったのが心残りではあります。
[PR]
by celicci | 2005-01-24 13:13 | 旅行:フランス紀行 2003
アヴィニョンへ Avignon 2003/03/21
ニースを後にし、アヴィニョンへ向かいます。
ニース・ヴィル Nice Ville の駅から、TGVで一路アヴィニョンTGV駅 Avignon TGV へ。

アヴィニョンTGVの駅は近代的な駅で、まだ新しいのか非常にきれいでした。ホームから駅構内に抜けるとカフェもあり、トイレも非常にきれいでした。(有料だったかは忘れました)

アヴィニョンTGVの駅はアヴィニョンの町からはだいぶ離れています。
アヴィニョン中央駅という駅がありますが、そちらの駅が町のすぐそばにあります。ただ、アヴィニョン中央駅にはTGVはあまり止まらないようです。

この日宿泊予定のホテル(?)で、タクシーを手配してくれていたので、タクシーのドライバーがカードを掲げていました。
名前が間違っていました。

タクシーが道をぶっ飛ばしていくと、15分ほどでホテルに着きました。

写真はトゥリスト・インフォメーションで貰った、アヴィニョンの地図。
b0032077_1354820.jpg

地図もなんだかかわいいです。
[PR]
by celicci | 2005-01-21 13:07 | 旅行:フランス紀行 2003
サン・ポール・ド・ヴァンス St. Paul de Vence 2003/03/20
Saint Paul de Vence

ヴァンスからサン・ポール・ド・ヴァンスへ。バスのルートでは、サン・ポールのほうがニースよりです。
ガイドブックではバスで5分くらいの距離と書いてありましたが、とんでもない。
歩いてもいいかなと思ってましたが、とても歩けそうな距離ではありませんでした。

ここもすばらしくかわいらしい町。次ぎフランスに行くときも是非行きたい町です。
b0032077_1241191.jpg


この町にもとにかく写真に収めたくなるような街角が一杯。角を曲がるたびにカメラを構えます(笑)
b0032077_12431992.jpg
b0032077_12451327.jpg
b0032077_1250152.jpg


ここは町の西側にある、 La Sierra Restaurant。昼ごはんにここでクレープを食べました。シードルも飲みました。
お店の男性の方が非常に面白い人で、覚えたてのフランス語で(覚えてない)がんばって注文してたところ、
"Excellent French !"
"Perfect French !"
とか、言ってきて注文もとても楽しめました。
b0032077_1259117.jpg


こんな感じでとてものんびりした空気が流れています。
写真で伝わりますかどうか。
b0032077_12512773.jpg


とにかくまた行きたい町です(混むからローシーズンに 笑)。

あと、サン・ポールの町の中にあったショコラティエが忘れられないのですが、お店の名前を忘れてしまいました(笑)
そこで食べたアニスのショコラが非常に印象的でした。
あと、ショコラの種類はアルファベットで割り振られており、売り場でアルファベット別に分けられていたような気がします。
何とか手に入れたいのですが、名前すら分かりませんし、ネットで調べても分かりません。
ちょっと前の地球の歩き方に載っていた様なんですが(お店の人が見せてくれました)、今はもう載ってないようです。
ご存知の方、教えてください。
[PR]
by celicci | 2005-01-20 13:07 | 旅行:フランス紀行 2003
ヴァンス マティスの礼拝堂へ Vence 2003/03/20
ニースの長距離バスターミナルから、ヴァンスを目指します。エズよりは遠かったと思います。
ヴァンスはマティスの礼拝堂 Chapelle du Rosaire があり、それを見たくてヴァンスに行くことにしていました。
バスを降りると広場の前。広場ではマルシェのような、骨董市のような、フリーマーケットのような。。たいしたものはまったく売ってませんでした(笑)
お昼くらいに着いたので、まず食べ物を探して町をぶらぶらしました。とても静かな町ですね。観光スポットも多いわけではないので、観光客も少なかったです。

礼拝堂は町からちょっと離れていますが、歩いていくことにしました。潔く広い道で行けばよかったものを、真っ直ぐ行ってみたら、一旦谷を降りるように下ってから強烈な上り坂!
大変でした。帰りは広い道を帰る事に。歩ける距離ですが、結構あります。
b0032077_1256216.jpg
b0032077_1334422.jpg
b0032077_1353131.jpg

この礼拝堂はステンドグラスが有名です。
礼拝堂内の写真が無いですが、礼拝堂内では撮影禁止であったことと、昼休み中で内部に入れなかった(!)ことが理由です。
開くまであと一時間以上ありました。この後、サン・ポール・ド・ヴァンスに行く予定になっていたので、やむなく諦めました。
行く予定のある方は注意してください。お店でも昼休みは閉めてしまうところも多いです。

礼拝堂からヴァンスの町を望む。
この間には深い谷があるのです。
b0032077_1374974.jpg

[PR]
by celicci | 2005-01-19 13:13 | 旅行:フランス紀行 2003
モノプリの牛乳
モノプリ MONOPRIX というスーパーマーケットで買った牛乳。
一見すると舶来物の洗濯洗剤のようです。
b0032077_12431335.jpg

[PR]
by celicci | 2005-01-19 12:44 | 旅行:フランス紀行 2003
エズ その2 Eze 2003/03/19
フォトジェニックな街角をご紹介。
b0032077_1382964.jpg

ローシーズンのコート・ダジュールは時間が穏やかに流れて、
b0032077_13112250.jpg

猫もねむたげ。

小窓の外にも明るいコート・ダジュールの風景。
b0032077_13122599.jpg

小窓から乗り出せば断崖とシェーヴル・ドールの庭園。
b0032077_13135063.jpg
b0032077_13151593.jpg

[PR]
by celicci | 2005-01-18 13:20 | 旅行:フランス紀行 2003
エズ その1 Eze 2003/03/19
コート・ダジュール Cote d'Azur でもかなり有名なエズに向かいます。
ニースの長距離バスターミナルからバスでおよそ30分ほどで到着します。
「鷹ノ巣村」と呼ばれる、山のてっぺんに集落を構える村です。村の規模は小さいですが、とても有名な村なのでハイシーズンにはとても混むでしょう。
私たちが行ったのはローシーズンの3月なので空いてました。
ふとした街角もフォトジェニックなとてもかわいらしい村です。

写真は村の更にてっぺんにある熱帯植物園から。
b0032077_12553458.jpg

左下に移っている建物は、ホテル シャトー・エザ Chateau Eza。
もうひとつ有名なホテルとして、シェーヴル・ドール Chateau de La Chevre d'Or があります。
[PR]
by celicci | 2005-01-18 12:55 | 旅行:フランス紀行 2003
ニースの朝は 2003/03/19
朝ニースの町をぶらっと散策。
プロムナード・デザングレまで出て海を見たり、マセナ広場でマルシェを覗いたりしました。

で、戦利品がこれ。
b0032077_13195631.jpg
b0032077_13455131.jpg

全然気取らないものなんですが、普通に美味しいのです。
イチゴとフランボワーズは、両方で4ユーロくらい(日本よりもだいぶ安い!)
[PR]
by celicci | 2005-01-13 13:47 | 旅行:フランス紀行 2003
ホテル・グリマルディ@ニース Hotel le Grimaldi 2003/03/18
ニースではこのホテルに泊まります。
今回の旅行で唯一の四つ星ホテル。
国鉄のニース駅 Nice Ville からはちょっと海の方向に歩きます。

Hotel le Grimaldi
15 Rue Grimaldi 06000 NICE
+33-4-93-16-00-24

記憶ではスタンダード・ダブルで一泊95ユーロでした(ローシーズンですが)。
部屋はこぎれいにされており、初日には何だかいい匂いがしました。
テレビ、ミニバー(冷蔵庫)、セーフティボックスが設置されています。
アメニティもしっかり整備されており、マルセイユのオリーブオイル石鹸やシャンプーが用意されていました。
ちゃんと毎日補充してくれます。
タオルもタオル掛けにかかっており清潔で、毎日交換してくれました。
シャワーのお湯の出方も問題なく、バスタブ付です。洗面所側とはガラスで仕切られてます。
レセプションも皆親切でした。英語も問題ないでしょう。むしろこちらの英語力に問題がありました。
また、PCもあり、インターネットを使用することができました。

四つ星なんだし当たり前といえばそれまでですが、なかなかいいホテルです。

ただし、海から離れてますし、それほど背の高さも周りと比べてあるわけではないので、海は部屋から見ることはできません。
b0032077_1231529.jpg

レセプション前がバーのようになっており、朝食はそこで食べることができます。
利用してないので、内容は良く分かりませんが、ビュッフェのようでした。

近くにブーランジュリーがあり、よく賑わっていました。バゲットを買って食べてみたら美味しかったので、朝食のパンはそこで買ってバターを用意し、部屋で食べてました。
エクレアも美味しかったです。エクレアは発音が難しくなかなか通じませんでした。混んでたので焦りました。
[PR]
by celicci | 2005-01-06 12:45 | 旅行:フランス紀行 2003
イタリア-フランス間の車窓から 2003/03/18
ミラノ Milano - ニース Nice (イタリアでは Nizza と表記されてました)間の列車のコンパートメントです。
以前イタリアに行ったときに乗った列車と同じものでした。
b0032077_12511375.jpg

車窓からモナコ Monaco (多分)を望む。
ちなみにモナコの駅は地下でした。
b0032077_12553913.jpg

[PR]
by celicci | 2005-01-05 12:56 | 旅行:フランス紀行 2003